\ フォローしてね /

気持ちよく【浴衣】を着よう!覚えておきたいお手入れ方法

この夏、浴衣を着てお祭りや花火大会を楽しんだ方や、これから楽しむ方もいるのでは?着た後の浴衣はどうやってお手入れされていますか?実は、お手入れの仕方を知らなくて、そのままにしてあった…なんてことになると、次回使えなくなってしまうかもしれません!

浴衣を大切に着ていくために、浴衣のお手入れ方法の基本から保存の方法をご紹介いたします。

本記事は、ブランディアのご協力により、2013年に執筆されたものです。

浴衣のお手入れ方法【基本】

一度着たら陰干しする

ハンガー(衣紋掛け)にかけて、浴衣を風通しの良い所で一晩陰干ししましょう。帯も同様に陰干しします。

着用シーズンが終わったら、浴衣をクリーニングへ出す

見えない汚れが時間とともに浮き出る可能性があるので、来年まで着用しない場合はクリーニングへ出しましょう。

浴衣のお手入れ方法【必要なとき】

浴衣の軽いシミや汚れを落とす

乾いた布を汚れた部分の下に置き、その上から濡らしたタオル等で叩いて汚れを落とします。

浴衣のシワはアイロンで伸ばす

表示を確認し、アイロンがかけられるものか確認します。かけられるものでも、必ずあて布をあてましょう。

浴衣を手洗いする

クリーニングに出すことをおすすめしますが、手洗いしたい方は浴衣の表示を見てできるか確認しましょう。手洗いする場合は、専用の洗濯ネットに入れて手洗いコースで洗います。

風通しの良い、日の当たらないところに干しましょう。

浴衣を保存する

浴衣を収納する

浴衣をたたみ、湿気を除いてから畳紙(たとうがみ)に包んで収納します。

畳紙は1枚300円前後で売られています。

防虫剤を入れる

直接浴衣に触れないように注意して入れましょう。

おわりに

大切な浴衣をしっかりお手入れしてきれいに状態に保ち、来年の夏も気持ちよく着られるようにしましょう!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。