1. 趣味
    2. 旅先に日常は持ち込まない!ケータイを持たずに旅行に出かけるための事前準備3か条

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    旅先に日常は持ち込まない!ケータイを持たずに旅行に出かけるための事前準備3か条

    「せっかくの旅行なんだから、たくさん動き回りたい!」という人がいる一方、「ホテルや旅館でひっそり篭りたい」という人もいるのでは?

    長期休暇を使って海外旅行に出かけたり、温泉宿に一人篭ったりするとき、できれば仕事や人間関係などの「日常」を持ち込みたくないですよね?そのためには、便利な連絡ツールである携帯電話やスマートフォンをあえて持っていかないのが一番手っ取り早いです。

    しかし、すっかりこの便利なツールに依存しきっている現代では、「ケータイ無し」は何かと不安…。そこで今回は、ケータイを持たずに「篭もる」ためにやっておきたい事前準備をまとめてみました。

    1:「ケータイを持たない」と周りの人に告知しておく

    ケータイを持たないことで自分自身も何かと不便を感じるかもしれませんが、一番困るのは「周りの人」です。普段ならつながるはずの電話がつながらない、緊急の連絡をしたいのに手段がないなど、何も言わずにケータイだけ置いていくと、周りの人たちに迷惑をかけてしまいます。

    そういった迷惑をかけたり、「もしかしたら迷惑をかけているかも…」といった不安を無くしたりする意味でも、「ケータイを持たない」と周りの人に連絡しておくは必要不可欠です。以下、そのための手順をまとめてみました。

    SNSで「ケータイ無しで篭もる」旨を告知

    まずは、FacebookやTwitterなどのSNSを使って、「ケータイ無しで篭もる」旨を周りの人に広く伝えましょう。これだけで、仕事上のつながりがある人など、一部の人を除けば殆どすべての人に告知できるのではないでしょうか?

    SNSをやっていない近しい人にも告知

    SNSが浸透したとは言え、親世代や祖父母世代など、「SNSをやっていない」という方もたくさんいます。そういった人には、電話やメールなど、その人と普段連絡を取る手段で「篭もる」旨を伝えましょう。

    この作業、一見面倒に思えますが、案外直接連絡する必要のある人は少ないかと思います。例えば、「職場の同僚」「バイク仲間」「地元の友達」など、交友関係には幾つかのグループが存在すると思いますが、それぞれのグループの中で何人かとSNSでつながっていれば、そうでない人には連絡をしなくても自然に伝わるものです。

    また、親や恋人といった関係の深い人には、たとえSNSをしていても直接伝えるのが当たり前なので、これらの人を除くと、直接連絡をする必要がある人は案外少ないことに気付くはずです。

    Webメールで不在通知設定

    「周りの人」の中には、仕事上のつながりしかなく、「SNSでつながっていないけど、直接連絡をするほどの間柄でもない…でも迷惑はかけられない…」という人もいるかと思います。

    こういう時に便利なのが、Webメールの不在通知設定です。これは、特定の期間にメールを受信しても、事前に設定しておいた定型文を返してくれるサービスで、主要なWebメールサービスには備わっています。

    • 返信ができない期間
    • 緊急の連絡先(宿泊先の電話番号など)

    上記の内容に加えて、「迷惑をかけて申し訳ない」という旨と添えた定型文を設定しておけば問題ありません。

    2:ケータイに集約していたツールを確認する

    次に確認したいのが、ケータイに集約していたツールを確認しておくことです。カメラやマップ、音楽プレーヤーなど、「ケータイ断ち」するとこれらの機能も同時に手放してしまうことになります。

    以下の機能は無いと困る場合もあるので、しっかりと代替案を考えておきましょう。

    機能 代替案の候補
    カメラ機能 コンデジなど
    マップ機能 紙の地図※、地元の人、交番
    音楽プレーヤー機能 昔使っていたプレーヤー(低容量)に、旅先で聴きたい曲のプレイリストだけ入れておく
    時計機能 腕時計、現地にある時計
    メモ機能 紙のメモ帳+ペン
    ※ホテルなどに泊まれば、フロントに周辺地の情報がまとまった地図が置いてあることがあります。
    最悪、電波をオフラインにして、電話やメールなどの機能以外を使うという手もあります。

    3:ある程度の不便を容認する「心のゆとり」を持つ

    そして、一番大切なのが、多少の不便や煩わしさを容認する「心のゆとり」です。

    いくら事前の準備を行っても、やはり「ケータイを持っておけば…!」という場面は一度は訪れるかもしれません。しかし、ある程度諦めの気持ちを事前に持っておいて、「こういうものだ」という心構えを準備しておくことができれば、そういった場合も上手く対処できるはずです。

    ツールに頼ることが無くなった分、人との交流が増えたり、新しい発見があるかもしれません。そういったプラスの面で捉えるのも効果的です。

    おわりに

    少し話は逸れますが、バカンスの本場・フランスでは、旅先に「日常」を持ち込むのはご法度だそうです。日常を断ち切って心機一転したいとき、自分一人の世界に篭ってみたいときは、是非「ケータイ無し」という選択肢を選んでみてはいかがでしょうか?

    (image by amanaimages)
    (image by amanaimages)
    (image by amanaimages)
    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ