\ フォローしてね /

お酒に弱い人が仕事でのお酒の場を上手に乗り越える方法

このライフレシピのもくじたたむ

お酒を飲みたくなくても、仕事でお酒の席に行くことも多々ありますよね。「飲めないのでウーロン茶で」と言える人はいいのですが、どうも空気を読んでしまってそう言えない…という人に、この方法をオススメします。

このレシピはお酒を「お付き合いしなければならない」状況を想定して記します。お酒が全く飲めない人は想定していません。

お酒の場を上手に乗り越えよう!

オーダーすべきは、意外にも…

乾杯の一杯は「ビール」でも「シャンパン」でも何でも構いませんが一口含むだけにしておき、次は、「ウイスキーを…」と頼みます。

ほぼ確実に「水割り?ロック?(ストレート)」と聞かれますので、「ロックで…」と答えましょう。

飲み方

しばらくして、運ばれてくるのは「ストレートのウイスキーと氷」と「チェイサー(グラスに入った水)」です。

あとは、ちびちびウイスキーをなめては、水を飲むの繰り返し。

小一時間もすれば、あなたの周りは上機嫌で会話が弾んでいる頃。あなたは冷たい水ばかり飲んで、酔ったふりをしていればいいでしょう。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。