1. 暮らし
    2. 重曹パワーで、キッチンの大掃除をする方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    重曹パワーで、キッチンの大掃除をする方法

    重曹をかしこく活用する人が増えています。

    日ごろのお掃除から大掃除までに活用でき「ウソ? ホント!ホント!」と感激の汚れ落ちが魅力。しかも安上がりな重曹パワー掃除をご紹介しましょう。

    重曹とは

    重曹の正式名称は、炭酸水素ナトリウム。これはホットケーキを焼くときに使うベーキングパウダー(ふくらし粉)と同じ成分。100円ショップでも売っています。

    掃除に使うとはいえ、食品なので安心安全です。

    原料は塩なんですね。

    油や湯アカの汚れ落としが得意

    重曹は弱アルカリなので、キッチンの酸性汚れ(油汚れ・湯アカ・手アカ汚れ)を中和して、汚れを落とします。

    また、重曹は油となじんで、汚れを浮かす性質もあります。

    ちょっとの水で研磨作用を発揮

    重曹の粉を水で練ってペースト状にすると、粒子が丸くなって、モノを傷つけることなく汚れを落とすことができます。

    やさしい研磨作用があるので、ピカピカに磨きあげてゆきます。

    クレンザー並みに強力です。

    シンクが、ピカピカに!

    シンクの内側にこびりついたまま落ちない、薄汚れは、湯アカや油汚れなどです。重曹で中和し、酢水でアルカリ汚れの水アカも分解します。

    準備するもの

    • 重曹 適量
    • 酢水 適量 (水200mlに酢大さじ2杯を混ぜたもの)

    掃除の手順

    • STEP1  重曹をシンク内の汚れに振りかける。
    • STEP2  水を含ませたスポンジでやさしく磨く。
    • STEP3  重曹がついた状態で酢水をスプレーする。
    酢は鉄を溶かす作用はありますが、ステンレスには反応しません。水アカがアルカリなの分解と殺菌作用で使います。
    • STEP4 水か湯で流して、ピカピカ!      ##コンロの焦げ付きや油汚れも、すっきり!

    準備するもの 

    • 重曹水 適量 (水200ml に重曹大さじ1を混ぜたもの)
    • 酢水 適量 (水200mlに酢大さじ2杯を混ぜたもの)

    掃除の手順

    • STEP1 重曹水をスプレーで吹きかけて、少しなじませ、雑巾で汚れを拭き取る。
    • STEP2 酢水をスプレー吹きかけて、雑巾でふく。

    キッチンでの他の使い方

    重曹水は、生ゴミにスプレーすると、匂い消しになります。

    冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器に吹きかけて拭くだけで汚れがキレイに落ちます。

    おわりに

    重曹水(水200mlに重曹大さじ1を混ぜたもの)と酢水(水200mlに酢大さじ2杯を混ぜたもの)は、スプレー容器にいれてあらかじめ作っておくと便利です。

    (イラスト by 筆者)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ