1. コミュニケーション
    2. 「〜様でございますね」はNG?正しい言葉の意味と使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「〜様でございますね」はNG?正しい言葉の意味と使い方

    「田中様でございますよね」一見正しく思えるこのフレーズですが、実は間違った「ございます」の使い方がされているのです。

    正解は「田中様でいらっしゃいますよね」なのです。でも何でだろう?

    ビジネスで必要不可欠な電話でのやり取り。ここでは最初の一言で失敗してしまわないための、正しい言葉の使い方についてご説明します。

    「ございます」の意味って?

    物事に対して使う「ございます」・人に対して使う「いらっしゃる」

    では何故「ございます」がいけないのか。

    そもそも「ございます」は「ある」の丁寧語。つまり「ございます」は物事について使う丁寧語であって、尊敬語ではないのです。

    そこで、正しくは

    「いる」の尊敬語にあたる「いらっしゃる」

    を用いるのです。

    こんな時も注意!正しい使い方

    「ございます」と「いらっしゃる」のよくある誤用についてご紹介します。

    • 「お元気でございますね」ではなく
    お元気でいらっしゃいますね。
    • 「社長のお住まいはどちらでございますか?」ではなく
    社長のお住まいはどちらでいらっしゃいますか?

    なのです。

    ちょっと番外編!「ございます」の使い方

    こんな時は「ございます」を使おう

    ちょっと視点を変えて、「ございます」を使うべきシチュエーションについてご紹介します。

    例えばコンビニで「お釣りの530円になります」は間違い。

    この場合は

    お釣りの530円でございます。

    と言うのが正しいのです。

    おわりに

    ちょっとややこしい語尾の表現ですが、使う対象が何かを考えておけばすんなりと正しい言葉遣いが出来ますね。是非ご参考にしてみて下さい。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人