\ フォローしてね /

子どもでも食べやすい!牛肩ロースを使ったビーフシチューの作り方

牛肩ロースを使ったビーフシチューをご紹介します。

用意するもの(8皿分)

  • 牛肩ロース:380g
  • じゃがいも:小5個
  • 玉ねぎ:2個
  • ビーフシチューの素:1箱
  • 水:900ml

8皿分ですが、著者宅の大人なら4人分位の量になります。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:じゃがいもを切る

じゃがいもは皮を剥いた後、芽があれば取り除き、半分に切ってから小口切りにします。

STEP2:玉ねぎの皮を剥き、切る

玉ねぎは皮を剥きます。

半分に切って芽を取り、小さく切ります。

STEP3:鍋に入れる

煮込み鍋に切った野菜を入れ、水を加えます。強火に近い中火で12分位煮込みます。

ガラス鍋は熱伝導が強いので、強火は使いません。また、保温性が強いので、沸騰状態等、ガラスの中を見ながら、火加減に注意して下さい。

STEP4:牛肩ロース肉を入れる

沸騰してじゃがいもが柔らかくなったら(爪楊枝を刺して、すっと通ったら)牛肩ロース肉を加えます。

アクが出るので、小まめに取りながら、中火で5分程煮込みます。

STEP5:ビーフシチューの素を入れる

ビーフシチューの素を入れ、中火よりの弱火にし、ビーフシチューの素が溶けるまで混ぜながら煮込みます。

ビーフシチューの素を入れると焦げ付きやすくなるので、木ベらかお玉(ガラス鍋に傷が付かない加工がされているもの)を使い、鍋底に添わせて混ぜます。

STEP6:出来上がり

ビーフシチューの素が溶けて、5分程煮こめば完成です。

アドバイス

著者宅の場合、生の玉ねぎが無い時は、皮を剥き、切り終えた状態でジッパー付きの袋に入れて冷凍しておいた玉ねぎを使います。

いろいろな大きさ別していますので便利です。今回は時間短縮の為炒めませんでしたが、玉ねぎは、冷凍すると組織が壊れる為、短時間炒めるだけで飴色になるそうです。

おわりに

コロコロしたお肉のビーフシチューも美味しいのですが、お肉が硬い時もあるので、歯の弱い方や、小さな子どもが食べる時は、牛肩ロースの薄切り肉を使います。

残ったソースはパンに付けて食べたり、ご飯にかけて解けるチーズをのせオーブンで焼くと、また違った味わいになります。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。