\ フォローしてね /

新鮮な紅茶の香りを楽しもう! 紅茶の茶葉の賞味期限を知る方法

豊かな香りのある紅茶は、生活に癒しを与えてくれますが、紅茶の茶葉の期限を知ることは難しいですよね。今回は紅茶の賞味期限を知る方法をご紹介します。

紅茶の茶葉の賞味期限を知る方法

ポイント1:見た目

茶葉の種類にもよりますが、新鮮な茶葉は茶色っぽい色や深い緑がかった色をしています。どのような茶葉でも購入したときに茶葉の様子を観察しておくと良いでしょう。

かびがはえていたら問題外ですが、それ以外では黒ずんでくると古くなっているかもしれません。

ポイント2:香り

新しく紅茶を購入したときに、入れた紅茶の香りをかいでみます。そのときから明らかに変化しているときや、ふわっと広がるような豊かな香りが薄れているときは劣化が始まっているかもしれません。

ポイント3:味

新鮮な茶葉は香りは豊かですが、さっぱりとした味わいの場合が多く、軽い飲み心地です。時間がたつにつれて渋みが強くなる印象を受けます。

保存方法

茶葉はにおいを吸いやすいので涼しいからとって冷蔵庫に入れることはお勧めしません。筆者は缶や空気の入りにくい瓶などに入れて日があたらず温度差がでにくい場所で保存するようにしています。

もし劣化してしまったと思ったら、脱臭剤代わりに使用したり、豚肉の紅茶煮にしてもおいしくでき上がります。

フレーバーティー

バニラやベリーなどたくさんのフレーバーティーが売られていますが、それらの香りは空気にふれている時間が長いと消えてしまいます。

それらの香りを楽しむためには、できるだけ数か月以内に飲みきると開けたてのときのような香りを楽しむことができます。

それ以降になると徐々に香りが薄れてきて、半年もたつ頃には随分弱まっていると思います。

そのほかのアドバイス

紅茶の茶葉の賞味期限はあいまいな部分もあります。筆者はどのような茶葉でも数か月で飲みきっていますが、1,2年が経過したものでも十分楽しめるものもあります。最初の様子を観察しておき、その後の変化に気をつけると良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?豊かな香りをより楽しむためにできるだけに新鮮なうちに紅茶を飲み切りたいですね。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。