1. コミュニケーション
    2. 日本語としてNGでも実はOK!「とんでもございません」の意味と使い方

    日本語としてNGでも実はOK!「とんでもございません」の意味と使い方

    相手に褒められた時、謙遜して賞賛を打ち消す時に使う言葉として、「とんでもございません」という表現があります。

    これは、丁寧語として本当に正しいのでしょうか?ここでは、「とんでもございません」の意味と使い方を用例と合わせてご紹介しています。ぜひ、ご参考下さい。

    「とんでもございません」の意味

    「とんでもございません」は「とんでもない」を丁寧にした言葉で、「とんでも」と「ない」が別々の言葉になっているのではなく「とんでもない」という1つの形容詞です。

    そのため、「ない」を単品で「ございません」に置き換えることは、日本語として間違いとなります。

    「とんでもございません」の言い換え表現と用例

    では、「とんでもございません」をどのよう言い換えればいいかというと、

    • とんでもないことです
    • とんでもないことでございます

    といった表現が正しい日本語となります。

    用例

    相手の賞賛を打ち消すときには、下記のように使います。

    • 課長「君は優秀な男だ。社長の座を狙ってみてはどうかね」
    • 自分「平社員の私にはとんでもないことでございます

    始末書や反省文などを書くときには、下記のように使いましょう。

    • 宴会で社長のカツラを川に投げ捨ててしまったのは、とんでもないことです。酔いに任せて無礼講をしてしまいました。

    間違った日本語でも政府からは認められている?

    実は、「とんでもございません」は語源から考えると上記で述べたように間違った日本語になりますが、「変化する日本語」として、政府からはちゃんとした敬語として認められています

    それを裏付けるのが、2007年に文化庁が答申した「敬語の指針」です。そこでは、

    • 「とんでもございません」は、相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり、現在では、こうした状況で使うことは問題がないと考えられる

    と記されています。

    元々は間違った日本語だった「とんでもございません」も、現在では正しい日本語として政府から認められているのです。

    言葉は変化するもの

    言葉は変化するものです。ビジネスで「とんでもない」の丁寧語を使う場合は、語源的に正しい言葉を使ったほうが無難だと思いますが、日常会話では、「とんでもございません」を使ってみるのもありかもしれませんよ。

    その際は、「間違った日本語だけど政府から認められているんだよ!」とトリビアを披露して、会話を盛り上げてみましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人