\ フォローしてね /

ビジネスにおける頻出用語!「マター」の意味と使い方

「それは田中マターだから」…「マター」の意味を知らない人にとっては意味不明のこの発言。

簡単に言うと「田中さんが担当していることだから」という意味なのです。

わかったフリして曖昧な相槌はもうおしまい!ここではビジネスで頻出単語「マター」の意味と使い方をご説明します。

(image by amanaimages)

「マター」ってどんな意味?

そもそも「マター」はどんな意味なのでしょうか。

俗に、人名や役職などの後について、それらが管理すべき問題であることを表す。(原義は問題・事柄の意)
マター [matter] とは? - コトバンク

とあります。

ビジネス用語で使う場合には

「氏名・役職名・部署名・会社名」+「マター」

といった使い方で

(人・役職・部署・会社)の管理すべき事柄や問題、事態

という意味になるのです。

「マター」の使い方

ではどんな時に「マター」を使えばいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

用例

いや、それは林さんマターにするって話でしたよね?

この様に、いきなり責任転嫁されそうになった時の護身にも使えます。

この企画は商品企画部マターだから…

部署名に使いたい時にはこんな風に使いましょう。

注意点

目上の人に使う時は敬意を忘れずに!

氏名につけて使えるこの「マター」ですが、使う際には失礼のないように気を付けましょう。

例えば上司に「鈴木部長」がいるとします。鈴木部長の仕事に対して

鈴木マター

なんて言おうものなら、ビジネスマンとしての品格を疑われてしまいますよね。

せめて

鈴木さんマター
部長マター

と言いましょう。

責任逃れはほどほどに!

ことあるごとに「それは◯◯マターだから…」なんて言って責任逃れをし過ぎると信頼を失いかねません。

自分の「マター」にはしっかりと責任を持ち、責任転嫁されそうになった時だけ使いましょう。

おわりに

いかがでしたか。

ビジネスにおけるカタカナ英語はたくさんありますが、1つずつ身につけて正しい使い方をしましょう!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。