1. コミュニケーション
    2. 今更聞けない!「コミットメント」の意味と使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    今更聞けない!「コミットメント」の意味と使い方

    皆さんは「コミットメント」の意味をご存知でしょうか?カタカナ語は混同しやすく、また今更人に意味を聞きにくいですよね。

    ここではビジネスシーンでよく使われる「コミットメント」の意味と使い方についてご紹介します。

    コミットメントの意味って?

    コミットメントの意味

    英語のcommitの名詞形commitmentから使われるようになったカタカナ語で、commitには「委託する」という意味があります。

    ここから「公約」「責任を伴った約束」「関わり合いを持つこと」などの意味合いを持った言葉として使われています。

    コミットメントの使い方

    • 取引先とのコミットメントを守る。
    • このプロジェクトへのコミットメントを表明する。

    などのように使うことができます。

    よく見る使われ方

    金融関係や政治などでコミットメントという言葉をよく見かけます。

    トップ・コミットメント

    会社の社長などが表明する「どのような会社にしていきたいか」などの意思や意見を「トップ・コミットメント」と言います。

    例:弊社のトップ・コミットメントをウェブサイトに掲載する。

    〇〇分野へのコミットメント

    会社などが「〇〇分野へのコミットメントを考えている」と言った場合には、その分野に積極的に参加していくことを考えているということになります。

    例:我々〇〇株式会社は教育分野へのコミットメントを考えている。

    コミットメントライン

    金融関係で使われる言葉です。あらかじめ設定された融資の期間や限度額、またはそれに関する契約のことをコミットメントラインと言います。

    例:弊社のコミットメントラインは1年以内、300万円です。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?今更聞けないビジネス用語ですが、間違って使って恥をかかないように今のうちにきちんとチェックしておいてくださいね!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人