\ フォローしてね /

お酢を使った和室の畳汚れ防止法

酢は殺菌効果があり、汚れ防止に効果があるようです。また、ダニやカビの発生を抑制してくれます。畳は薬をまいたりする事が出来ないため、昔から酢で掃除することで汚れを防止してきたと、畳屋さんに教わりました。

酢で畳の汚れを防止する方法について、ご紹介していきます。筆者はこの方法を1週間に1度くらい、朝、掃除機をかけた後に行っています。

必要な道具

  • 雑巾
  • 水:500cc
  • 酢:大さじ3杯

具体的な手順

STEP1:水をためる

洗面台のシンクやバケツに水をためます。500ccぐらいで十分です。

STEP2:酢を入れる

STEP1の水に、酢を入れます。大さじ3杯です。

STEP3:雑巾を絞る

雑巾を酢水につけます。その後、ぎゅっと固く絞ります。

STEP4:拭く

畳の目に沿って、丁寧に拭いていきます。夏場であれば、すぐに乾燥しますが、冬場の場合はこの後、乾拭きされることをおすすめいたします。

注意すること

ヘリ部分は変色する可能性があるので、畳部分だけを拭いてください。

和室の畳汚れ防止には、こまめな掃除が一番です。また、通気性もとても大切です。通気性が悪いと、カビやダニの発生源となります。和室はこまめに換気することを、おすすめします。

おわりに

和室の畳は本当にデリケートです。洗剤もNGですし、上を絨毯などで覆うことも、カビの発生原因となるためNGです。

畳の汚れを防ぐためにも、こまめな掃除をおすすめします。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。