1. コミュニケーション
    2. 「お休みを頂いております」はNG?ビジネスで役立つ言葉の使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「お休みを頂いております」はNG?ビジネスで役立つ言葉の使い方

    丁寧な言葉づかいは大事ですが、手当たり次第敬語にしてしまっては、逆に相手に対して失礼な印象を当たえてしまうことがよくあります。

    ここでは、そんな失敗をしないためにも、「お休みを頂いております」の正しい使い方についてご説明します。大事なビジネスシーンで失敗をおかさないよう、下記をぜひご一読下さい。

    「お休みを頂いております」はNG?

    Fさんが会社を休んでいる日に、取引先から「Fさん、いらっしゃいますか」と問い合わせがきた時、「お休みを頂いております」と答えるのはNGです。下記では、その理由についてご説明します。

    「お」を使ってはいけない

    自社の人間の行動に関して他社に説明する時は、謙譲して説明するのが普通です。なのでこの場合、「休む」という行為に「お」をつけて丁寧語にするのは、違和感がありますよね。NGです。

    他社への説明で「頂く」

    「頂く」というのは他人から与えてもらうという意味ですが、他社に対して説明するとき、「自社から頂く」という自社を持ち上げた表現を使うのは、不自然さがありますよね。NGです。

    「お休みを頂いております」の言い換え表現

    言い換え表現としては、

    • 休みをとっております
    • 休んでおります
    • 休暇を取っております

    があります。

    もっと丁寧な表現にしたいとき

    「上記の表現ではストレートすぎるな…」と感じる場合は、

    • 申し訳ありませんが
    • あいにくですが
    • 恐縮ですが

    といったクッション言葉を文頭に添えるようにしましょう。

    用例

    さきほど例にあげた、取引先からの問い合わせに対する答えとして、正しい回答を用例としてあげます。

    • 「申し訳ありませんが、Fは休暇を取っております」
    • 「あいにくですが、部長のFは休んでおります」
    • 「恐縮ですが、Fは本日休みをとっております」

    おわりに

    ここでは、「お休みを頂いております」の正しい使い方についてご説明しました。

    敬語の知識は、ビジネス以外でも役立ちます。ぜひ、今後のためにもこの記事の内容を覚えておいてくださいね。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人