1. コミュニケーション
    2. 「穴賢(あなかしこ)」とは?手紙文で使う言葉の意味と使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「穴賢(あなかしこ)」とは?手紙文で使う言葉の意味と使い方

    最近では、手紙を書く機会は減りましたが、それでも手紙を書く機会が巡ってくることはまだ充分あり得ます。そんな突然の状況であっても、丁寧な文章を書けるようになりたいですよね。

    ここでは、主に手紙でしか使わない「穴賢(あなかしこ)」という言葉の意味と使い方をご紹介します。この単語を見かけたことのある人もそうでない人も、ぜひご参考下さい。

    「穴賢(あなかしこ)」の意味

    「穴賢」は、元々ひらがなの「あなかしこ」で使われることが多く、漢字は当て字です。

    この言葉は、

    • 「あな」=感動詩
    • 「かしこ」=形容詞

    で成り立っており、「恐れ多く存じます」の意として手紙文の終わりに使われます。

    「穴賢(あなかしこ)」の使い方

    手紙の最後に、「かしこ」と書かれているのを見かけたことはないでしょうか。

    あの「かしこ」は、「あなかしこ」の省略形です。なので、「穴賢(あなかしこ)」の使い方も「かしこ」同様、手紙の最後に添えます。

    なぜ「穴賢(あなかしこ)」と書くようになったのか?

    諸説ありますが、一説によると昔は女性が手紙を書くのは恋文がほとんどでした。当時は「絶対」という意味も含んでいた「あなかしこ」を手紙の最後に書き、「この恋文を絶対他人に見せないように」と念を押したことからきているそうです。

    男性は手紙を書く時に漢文を用いたので、この言葉は浸透しなかったそうです。

    おわりに

    ここでは、「穴賢(あなかしこ)」という言葉の意味と使い方をご紹介しました。

    もし、手紙を書く機会があったら、女性の方は「穴賢(あなかしこ)」と文末に書いてみてくださいね。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人