\ フォローしてね /

「願い上げる」とは?手紙文でよく用いる言葉の意味と使い方

手紙文で、相手にお願いごとをする時、どのような言葉を使えば丁寧で相手に好印象を与えることができるのでしょうか?様々な表現がありますが、ここでは「願い上げる」という手紙文でよく用いる言葉の意味と使い方をご紹介します。

今までに「願い上げる」を使ったことのある人もない人も、ぜひ下記を参考に手紙文を書いてみてくださいね。

「願い上げる」の意味

「願い上げる(ねがいあげる)」は、大変丁寧なお願いの言葉で手紙文などで用いられます。相手にお願いごとをするのですから、やはり丁寧な言い回しのほうがいいですよね。そんな時に使うのが、この言葉のようです。

「願い上げる」の使い方

ここでは、「願い上げる」を手紙上でどういった使い方をするのか用例をご紹介します。

  • 品物はそちらで預かって頂けますよう願い上げます。
  • またの取引を願い上げます。
  • ご配慮を賜りますよう願い上げます。

おわりに

ここでは、「願い上げる」という手紙文でよく用いる言葉の意味と使い方をご紹介しました。

もし、相手にお願いごとをしたい時は、ぜひこの言葉を使ってお願い事を実現させましょう!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。