\ フォローしてね /

じゃがいも入り!ちゃんこ風鍋の作り方

ちゃんこ鍋と鍋はどう違うのかと思い調べてみました。お相撲さん達の食事が「ちゃんこ」というそうです。他には、大きい鍋に季節の野菜、魚、鶏肉等を入れて煮炊きにつけ汁やポン酢で食べる力士料理ともありました。

だとしたら、お相撲さんでは無い我が家の鍋は「ちゃんこ風鍋」でしょうか?ここでは、そんなちゃんこ鍋風の作り方をご紹介します。

用意するもの(4人分)

  • 鮭の切り身:2パック
  • 白菜:半分
  • じゃがいも:3個
  • 舞茸:2パック
  • えのきたけ:2パック
  • 豆腐:半丁
  • ネギ:1束
  • くずきり:1パック
  • 水:2L
  • 顆粒ダシの素:1袋
  • 味噌:ピンポン球5個位
  • 吟醸酒粕:ピンポン球3個位
  • 大きな鍋

ちゃんこ風鍋の作り方(30分)

STEP1:白菜を切る

白菜は葉をめくりながら洗います。

白菜の下部分を切り落とし3cm位の幅に切ります。

葉の部分はそのまま切り、芯の硬い部分は斜めにそぎ切りにします。

白菜の葉の部分と芯の部分とは分けて取り置きます。火の入る時間が違うためです。

STEP2:きのこを切る

舞茸は洗います。

石づきがあれば切り、手で好きな大きさに割ります。

えのきたけは、袋に入っている状態で石づき部分を1.5cm位切り落とします。

袋のまま切るとゴミとして捨てる際、ボロボロとゴミがこぼれず便利です。

袋から出して洗い、手で好きな大きさに割ります。しいたけもあれば使います。

著者宅は、しいたけはさっと洗い水気を拭きすぐ使える大きさに切り、あげも使いたい大きさに切り、ジッパー付きの袋に入れ冷凍保存しています。作ろうと思った時、冷蔵庫内の生野菜と合わせて、さっと使う事ができ、便利です。

STEP3:ネギを切る

ネギは洗い、3cm位の長さで切ります。

STEP4:じゃがいもを切る

じゃがいもを洗って皮を剥きます。

1cm弱の厚みの輪切りにします。

STEP5:豆腐を切る

豆腐はさっとあら洗い、9等分に切ります。

STEP6:食材を分ける

最初に火にかける物と煮立ってから入れる物を分けておきます。

STEP7:白菜の芯、じゃがいも、きのこから煮る

鍋に白菜の芯、じゃがいも、きのこ類を入れます。火の通りにくい野菜から入れ始めます。

顆粒ダシの素を入れます。強火にかけ(15分位)沸騰してくるまで煮ます。

STEP8:沸騰したら酒粕、鮭を入れる

吟醸酒粕を入れます。酒粕を入れると鮭の臭みも取れる気がします。

沸騰すれば、鮭を入れます。魚類は沸騰してから入れる方が臭みも出ず美味しいです。

鮭は特売の時に購入し、ジッパー付き袋に入れ冷凍しています。

STEP9:すべての具材を入れたら煮込む

白菜の葉部分、ねぎ、くずきり、豆腐を入れます。

白菜の葉で蓋をする様に入れて蒸し焼き風にします。すべての具材に火が通るまで、更に10分程煮込みます。

STEP10:味を付ける

お玉の上に味噌をのせ、お箸で溶かすように混ぜながら味噌を溶きます。味噌は長い時間、沸騰させると香りが飛んでしまいます。弱火にして、3分程すれば火を止めます。

STEP11:完成

各自、器に盛れば完成です。お好みで鷹の爪を入れます。

さいごに

酒粕は本醸造の酒粕よりも、吟醸酒粕、純米酒粕の方が香りが良いので美味しく感じます。子どもも食べるので、お鍋の中の酒粕は控えめの量で作ります。酒粕が好きな方はご自身のお椀に追加して溶かしながら食べます。

酒粕はジッパー付きの袋に入れ冷凍保存しています。

おわりに

大きな鍋で一度に作るので、時間の無い時に作ります。1つの鍋で、魚、野菜、豆腐が食べられるので栄養面でもバッチリだと思います。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。