1. コミュニケーション
    2. ビジネスで使う時に注意!「決裁」と「決済」の言葉の意味の違いと使い方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスで使う時に注意!「決裁」と「決済」の言葉の意味の違いと使い方

    ビジネスシーンで使われることの多い「決裁」と「決済」。この2つの言葉は同じ読みをするうえに、似た漢字も使われていますが、意味は全く違います。

    ここでは、「決裁」と「決済」の言葉の意味の違いと使い方についてご説明します。この2つの言葉の意味がわからない方、またはなんとなくはわかるけど言葉で説明できない方は、ぜひご参考下さい。

    「決裁」と「決済」の意味と違い

    まずは、それぞれの言葉の意味を知りましょう。

    • 「決裁」…案件に関して使われる言葉
    • 「決済」…商品取引に関して使われる言葉

    ということです。

    「決裁」と「決済」の使い分け

    上記のように、意味をちゃんと把握すれば、

    • 「Fくんから提出された企画書を決裁する」

    と表現するのは正しいですが、

    • 「Fくんから提出された企画書を決済する」

    は間違いであることがわかりますね。

    意味をちゃんと把握して、「決裁」と「決済」を使い分けられるようにしましょう。

    おわりに

    ここでは、「決裁」と「決済」の言葉の意味の違いと使い方についてご説明しました。

    経理処理などでもよく使われるこの2つの言葉。間違いやすい言葉ですが、この記事を参考にちゃんと使い分けられるようになりましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人