\ フォローしてね /

うぬぼれた台詞になってしまう!?「好意」と「厚意」の違いと使い方

「好意」と「厚意」、普段どのように使い分けていますか?同じ読み方をする言葉なので、口頭では使い分けできませんが、手紙などの書面ではちゃんと使い分けられるようにしましょう。

ここでは、「好意」と「厚意」の言葉の意味の違いと使い方についてご説明します。この2つの言葉の意味がわからない方、またはなんとなくはわかるけど言葉で説明できない方は、ぜひご参考下さい。

「好意」と「厚意」の意味と違い

似たような意味に思えて、いまいち違いがわかりづらいでしょうが、簡単にご説明すると、

  • 「好意」とは相手に対する愛情があるときに使う言葉

そして

  • 「厚意」とは愛情は関係なく、相手の思いやりに対して使う言葉

ということです。

「好意」と「厚意」の使い分け

上記のように、意味をちゃんと把握すれば、

  • 「F先生、先日のご厚意ありがとうございました」

は、相手からの親切に感謝している台詞となるので、自然ですが、

  • 「F先生、先日のご好意ありがとうございました」

だと、相手の愛情に対して感謝していることになります。これだと、相手に全くそのつもりがなかった場合に、うぬぼれたとんでもないセリフになってしまいますね。

意味をちゃんと把握して、「好意」と「厚意」を使い分けられるようにしましょう。

おわりに

ここでは、「好意」と「厚意」の言葉の意味の違いと使い方についてご説明しました。

使い間違えてしまうと、恥をかいてしまう危険性もはらんでいるこの2つの言葉。この記事を参考に、ちゃんと使い分けられるようになりましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。