1. 料理
    2. さっぱりした口当たり!ディタを使ったチャイナブルーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    さっぱりした口当たり!ディタを使ったチャイナブルーの作り方

    ライチのリキュールのディタを使った見た目もさわやかなチャイナブルーというカクテルを紹介します。

    材料・道具

    材料

    • ディタ(ライチリキュール):30ml
    • ブルーキュラソー:15ml
    • グレープフルーツジュース:90ml
    • 氷:適量
    リキュールは常温のもので大丈夫ですが、グレープフルーツジュースは使う前にしっかりと冷やしておきましょう。

    道具

    • ロンググラス:1個
    • マドラースプーン:1本
    • メジャーカップ:1個
    メジャーカップは量れるものならどんなものでも大丈夫です。

    チャイナブルーの作り方(調理時間:3~4分)

    STEP1:グラスに氷を入れる

    氷はグラスの大体7~8分目まで入れてください。

    STEP2:ディタを注ぐ

    グラスにディタを注ぎます。

    STEP3:グレープフルーツジュースを注ぐ

    次に、グレープフルーツジュースを注ぎます。

    STEP4:軽くステアする

    グラスのふちにそわせて4~5回ほど軽く混ぜ合わせます。ステアとは、混ぜることです。

    STEP5:ブルーキュラソーを注ぐ

    グラスのふちにゆっくりとブルーキュラソーを注いでいきます。勢いよくいれると混ざってしまうのでゆっくり注いでください。

    グラスのふちにそわせるのが難しい場合、マドラースプーンにメジャーカップの先をつけてマドラーに伝わせてゆっくり注ぐとうまくいきやすいです。

    完成

    ライチの甘い香りにグレープフルーツのさっぱりした飲み口のカクテルの完成です。

    作り方のコツ・注意点

    混ぜる順番がポイントです。先にブルーキュラソーを注いでしまうと、どうしても2色に分けることが難しくなってしまいます。

    おわりに

    ここでは写真のようにブルーキュラソーと分離させていますが、ブルーキュラソーを注いだときにうまく分けられなくても大丈夫です。

    飲むときは混ぜるので、うまく分けられなかったときはマドラーでそのまましっかりと混ぜてしまいましょう。

    また、今回はグレープフルーツジュースのみだったのですがそれにトニックウォーターを使うレシピもあります。そのときにはグレープフルーツジュースとトニックウォーターを1:1(45mlずつ)にしてください。

    ぜひお試し下さい。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人