\ フォローしてね /

簡単!おせち料理用の酢蓮の作り方

ここでは、縁起物としておせち料理によく出される酢蓮根の簡単な作り方を紹介したいと思います。

準備するもの(3人分)

材料

  • 蓮根:約150グラム(2分の1節程度)
  • 酢:50cc
  • 砂糖:大さじ1.5
  • 塩:小さじ1
  • 鷹の爪(輪切り):5つ程度
酢はリンゴ酢などでもOKです。水さらしの際に加える酢大さじ1程度は、分量外です。

道具

  • 包丁
  • まな板
  • ボウル
  • ざる
  • 片手なべ
  • 耐熱容器・ボウル
  • はし
  • ラップ

作り方(調理時間:15分)

STEP1:蓮根を洗う

蓮根を流水で洗います。泥などがついているものが多いので丁寧に洗います。

STEP2:蓮根を切る

蓮根の皮をむき、厚さ2〜5ミリ程度の輪切りにします。この時、花のように飾り切りにすると見た目が綺麗になります。

ここでは簡単な方法を紹介するので、そのまま輪切りにしています。

STEP3:蓮根を水にさらす

ボウルに600ccほどの水を入れて、大さじ1杯程度の酢を入れた水を用意します。そこに輪切りにした蓮根をさらします。

切ってすぐ酢水に入れておくと、変色しにくくなります。

STEP4:調味料を作る

酢・砂糖・塩を耐熱容器に入れ、ラップをして500wの電子レンジで1分加熱します。

STEP5:蓮根を茹でる

鍋に蓮根が浸かる程度(800ccほど)の水を入れ、沸騰させます。そこにSTEP3で切った蓮根を入れ、中火で約3分程度茹でます。

蓮根の色が透明な感じになったら茹で上がりです。

茹で時間はお好みで調整していただいて結構ですが、固めに茹でる方が歯ざわりよく仕上がります。

STEP6:ざるにあげる

茹でた蓮根はざるにあげて水分を切っておきます。

STEP7:調味液につける

STEP4の調味液に、鷹の爪とSTEP6の蓮根を加えて混ぜます。粗熱をとったら、冷蔵庫に1時間程度入れて冷やします。

STEP8:盛り付ける

器に盛りつければ完成です。

きれいに見える盛りつけ方のコツ

少量を盛る

盛り付けの際は、たくさんの量を1度に盛ろうとしないことがポイントです。少量を山を盛るように盛り付けるときれいに仕上がります。また、南天の葉などを添えるとお正月らしく見た目も美しくなります。

おせち料理に入れる際も、お重の中に全部の量を詰めるのではなく、小皿や小鉢に少量を盛って入れるときれいに盛り付けられます。量が少なくなってきたら、随時足していけば、いつでも美しく盛りつけられたおせち料理になります。

おわりに

おせち料理はお正月を華やかに飾ってくれるものです。しかし、手作りするには手間暇がかかります。

そんな時にこの方法なら簡単に短時間で酢蓮を作ることができますよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。