1. コミュニケーション
    2. 正す対象に注意!「訂正」と「是正」の違いと使い分け方

    正す対象に注意!「訂正」と「是正」の違いと使い分け方

    どんなに最善を尽くしてもビジネスにおいて「間違い」は付き物。そんな時、その誤りを「訂正」する?それとも「是正」する?

    「誤りを正す」というこの2つの言葉、正す「対象」によって使い分けが必要なのです。

    ここでは「訂正」と「是正」の違いと使い分け方についてご説明します。

    「訂正」と「是正」の違い

    これら言葉は具体的に何が違うのでしょう?

    • 訂正は「数字や文字、表現」等の誤りを正し改める

    のに対し、

    • 是正は「行動、考え」等の悪い点を正し改める

    という「正す対象」に違いがあるのです。

    「訂正」と「是正」の使い方

    ではそれぞれどのような時に使えばいいのでしょうか。いくつかご紹介します。

    「訂正」の用例

    • 原稿を訂正する
    • 見積表のミスを訂正しておく
    • 先ほどの発言を訂正します

    この様に「訂正」は文章や書物、発言に対して使います。

    「是正」の用例

    • 輸入超過を是正する
    • 社会悪を是正する
    • 不注意に対して是正を試みる

    この様に行動や考えに対して使います。

    「是正」には「不公平なところを正す」といったニュアンスもあるようです。

    おわりに

    うっかり「計算が間違っていたから是正しておいて!」なんて言ってしまえば逆に恥ずかしい思いをしてしまいます。

    簡単な違いなので、しっかり頭に入れておくと安心ですね。

    参考にして頂ければ幸いです。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人