1. 料理
    2. タッパーを使って簡単に保存!袋タイプの豆みその保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    タッパーを使って簡単に保存!袋タイプの豆みその保存方法

    袋タイプの豆みそは、開封したまま冷蔵庫に入れると乾燥してしまいます。ここでは著者が行っている、袋タイプの豆みその保存方法を紹介します。

    必要な材料と環境

    • 冷蔵庫
    • 密閉タイプのタッパー
    • キッチンバサミ

    具体的な保存方法

    STEP1:開封前は常温で保存

    開封する前は、高温多湿にならない場所で保管します。著者は台所に保管しています。風通しの良い日光の当たらない場所に保存しましょう。

    STEP2:開封する前に凍らせる

    開封する前に冷凍庫で3時間以上凍らせます。こうすることで豆みそが固まり、袋からはがれやすくなります。

    STEP3:袋から出す

    袋をキッチンバサミで開封します。片面を全て開封すると、タッパーに入れやすいです。

    STEP4:タッパーに保存する

    開封したみそを、タッパーに袋ごと逆さに入れます。ゆっくりと袋をはがし、蓋をして密閉します。

    STEP5:冷蔵庫で保管する

    開封後は冷蔵庫で保存し、なるべく早く使いきるようにしましょう。

    著者のこだわりポイント

    袋タイプの物は保存に手間がかかりますが、購入直後に済ませてしまえば、後は楽です。

    著者が使用している大きめのタッパーを使用すれば、500gのみそも1kgのみそも入ります。また、密閉タイプのものならば、冷蔵庫に臭いが全くつきません。

    またポリプロピレン素材なので、みそがたくさん入っていても重たくありません。そのため、落したり、手からすべり落ちることもなく、安心して使えます。

    今回使用したみそは、500gの袋入りの味噌です。

    注意点

    凍らす時間が足りないと、袋にみそがたくさん付いてはがれ難いです。短くても3時間近くは凍らせましょう。長時間凍らせれば凍らせるほど、袋から出しやすいです。

    みそは長時間凍らせても、完全には固まりません。

    おわりに

    著者は毎晩夕飯に、みそ汁を作ります。毎日使うものだからこそ、一手間かけて使いやすくしたいですね。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人