1. 暮らし
    2. 金属ボウルを使って白ワインを急冷する方法

    金属ボウルを使って白ワインを急冷する方法

    nanapi

    白ワインはすっきり冷やして飲みたいもの。でも、冷やし忘れたり、氷で薄めたくなかったりするときに困りますよね。冷蔵庫に入れても1~2時間は待たないと冷えません。

    そんな時にすぐに使える、白ワインを急冷する方法をご紹介します。

    白ワイン以外にも応用できる!1
    ジュースや日本酒でも同じ方法で急冷することができます。

    缶の飲み物を冷やす方法もあります。

    用意するもの

    • 白ワイン
    • 金属のボウル

    金属のボウルは、スチールやアルミ、ステンレスなどです。色々ある場合は、アルミが一番早く冷えるのでおすすめです。2

    金属製を使うのがポイント!
    プラスチックやガラスの器だと熱伝導率が悪く温度が下がりにくいです。早く冷やしたいときは必ず金属製にしましょう。
    金属のボウルがない場合は?3
    金属のボウルでなく、金属のコップなど飲み物が入れば大丈夫ですよ。
    【豆知識】チタンは熱伝導性が低い4
    ほとんどの金属の器はスチールやアルミ、ステンレスだと思いますが、たまにチタン製の器もありますよね。チタンは金属ですが、熱伝導性が低く急冷には不向きな金属です。そのかわり、冷たいものは温まりにくいので、冷えた飲み物を保つには最適な金属です。

    ワインを急冷する方法

    STEP1:ワインをボウルに入れて冷凍庫に入れる

    • 1:ワインをボウルに入れる
    • 2:冷凍庫に入れる
    • 3:10分待つ

    飲みたい量のワインを金属製のボウルに入れ、冷凍庫に入れます。冷凍庫の温度やワインの量にもよりますが、1人分なら10分、2人分なら15分ほどで冷たくなります。

    ボトルごと入れない!
    ボトルごと冷凍庫に入れてもすぐには冷えません。また、氷点下でワインを保存すると、味が変化して苦くなってしまいます。破裂の可能性もあり危険なので、ボトルごと入れないようにしましょう。
    長時間冷やさない!
    長時間冷凍庫に入れておくと凍ってしまい、解凍してももとの美味しさには戻りません。タイマーなどをセットするなどして、30分以上冷やさないよう対策をしましょう。

    STEP2:グラスに注ぐ

    冷凍庫から取り出し、グラスに注いでいただきます。

    10分待てば冷えたワインが飲める!

    氷がない時でもすぐ冷やせるので「ワインが今飲みたい」というときにおすすめです。ボウルに分けることで、飲みたい分だけすぐに冷やすことができますよ。

    (image by 筆者)

    追記した箇所一覧

    • 12018年08月01日「白ワイン以外の飲料」について追記しました。
    • 22018年08月02日「金属の種類」について追記しました。
    • 32018年08月01日「金属ボウルの代用品」について追記しました。
    • 42018年08月02日「金属の豆知識」について追記しました。
    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!