\ フォローしてね /

キッチンペーパーを使って!窓ガラスのカビの掃除方法

窓ガラスのカビは意外と気づかないうちについているものです。特に、冬場はカビが発生しやすいです。そのカビの掃除の方法について、ご紹介していきます。

掃除の頻度、タイミング

1ヶ月に1度ぐらいです。朝、掃除機をかける時に一緒に行います。

掃除に必要な道具

  • キッチンペーパー
  • カビ除去剤

掃除の具体的な手順

STEP1:キッチンペーパーを濡らす

キッチンペーパーを水で濡らし、ぎゅっと固く絞ります。

STEP2:キッチンペーパーを窓に貼る

カビが発生している窓ガラスに貼ります。

キッチンペーパーを貼ることにより、カビ除去剤が下へ流れ落ちてしまうのを防ぎます。

STEP3:除去剤をスプレーする

カビ除去剤を、貼ったキッチンペーパーにスプレーします。新しいキッチンペーパーでそっと除去剤を全体に広げます。その後20分程、放置します。

STEP4:新しいキッチンペーパーで拭く

新しいキッチンペーパーで、除去剤を綺麗に拭い取ります。これで完了です。

窓ガラスのカビの掃除で注意すること

キッチンペーパーは固く絞る

キッチンペーパーは必ず濡らして、固く絞ってから貼り付けることが大切です。乾いたままだと張り付きませんし、カビ除去剤もまんべんなく広がりにくいようです。

おわりに

くもりガラスの場合は、カビの発生がわかりにくいものです。冬場、結露する窓ガラスは時々顔を近づけてみて、綺麗であるかどうかを確認することをおすすめします。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。