\ フォローしてね /

家庭で作って簡単おいしい!「今治焼き豚玉子飯」の作り方

レシピの紹介

ご当地B級グルメの今治焼き豚玉子飯の作り方を紹介したいと思います。

豚バラ肉を使う場合や自家製焼き豚を使うお店など少しずつ作り方は違うと思いますが、ここでは、今治市出身の筆者の母親がよく日曜のお昼ごはんに作ってくれた、簡単でおいしいレシピを紹介します。

材料(1人分)

  • 焼き豚:40グラム程度(ここでは初めから切れているものを6枚使いました)
  • 玉子:中1個
  • めんつゆ(3倍濃縮のもの):大さじ1
  • 薄口しょうゆ:小さじ1
  • みりん:大さじ1
  • サラダ油:大さじ2(全体で)
  • あたたかいご飯:器一杯

作り方(調理時間:10分)

STEP1:焼き豚を切る

焼き豚を厚さ3ミリ程度の大きさに切ります。

最初から切れているものを使用する場合、この工程は要りません。この工程が省けると、レシピ全体で包丁を使わずにできるので便利です。

STEP2:半熟目玉焼きを作る

フライパンを中火で温め、大さじ1のサラダ油をひきます。そこへ玉子を割り入れて約2分ほど加熱した後、火を弱火にして蓋をし、約1分ほど蒸し焼きにします。

できあがった目玉焼きは別の皿に出しておきます。

STEP3:調味料を混ぜる

めんつゆ、しょうゆ、みりんを混ぜておきます。

STEP4:焼き豚を焼く

フライパンを中火にかけ、大さじ1のサラダ油を敷いたら、焼き豚を入れて約1分ずつ、両面に薄く焼き色がつく程度に炒めます。

焼き豚はそのままでも食べられるので、あまりしっかり火を通さなくても大丈夫です。

STEP5:味付けする

STEP4のフライパンに、STEP3で混ぜておいた調味料を入れます。中火のまま、調味料が沸騰してブクブクと泡が出るまで加熱したら、火を止めます。

焦げやすいので気をつけましょう。約1分もかからずブクブクします。

STEP6:焼き豚を盛る

器に入れた温かいご飯の上に、STEP5の焼き豚を並べます。フライパンに残った調味液を、その上からかけます。

STEP7:玉子をのせたら完成

STEP6の上に、STEP2で作った目玉焼きを乗せたら完成です。

作り方のコツ

玉子は、火を通しすぎずに半熟状態の目玉焼きにするのがポイントです。食べる際に、とろとろの玉子を混ぜて食べるとおいしいです。

焼き豚を焼いたときの調味液は、全てをご飯にかけましょう。甘辛いたれがご飯と合って、食が進みます。

野菜がほしい場合は、レタスやカイワレ菜などを乗せてもおいしいですよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。