\ フォローしてね /

本格中華料理!XO醤を活かした鶏もみじ煮の作り方

鶏の足の先、もみじともいう部位を煮たり蒸したりした料理は、中華街などではポピュラーな点心で、ごはんにも合います。

この記事では、XO醤を活かしたもみじ煮の作り方を紹介します。

用意するもの(4~5人前)

材料

  • もみじ・・・700g
  • チューブしょうが・・・2cm
  • 日本酒・・・大さじ3
  • XO醤・・・大さじ2
  • 醤油・・・大さじ3
  • チリパウダー・・・小さじ1
  • 五香粉・・・小さじ1
  • ごま油・・・少量

道具

  • 圧力鍋
  • キッチンはさみ

XO醤を活かした鶏もみじ煮の作り方(所要時間90分)

STEP1:下茹でする

圧力鍋に、もみじとかぶるぐらいの水を入れて高圧に設定して蓋をします。次に、強火で加熱して沸騰したら弱火にして30分茹でます。その後、圧力鍋が開けられるまで自然に冷まします。

個々の圧力鍋の取り扱いについては、説明書を参照してください。

STEP2:爪と皮の処理をする

湯を捨てて冷ましたもみじを処理します。

爪があるため、キッチンはさみで足の先ごと切ります。足裏側に黄色っぽい皮(画像上のもの)が残っている場合は手で剥がします。

STEP3:鍋に調味料を入れる

日本酒・醤油・XO醤、ごま油とチューブしょうが、五香粉とチリパウダーを鍋に入れて混ぜ、処理したもみじと浸る程度の水を入れます。

STEP4:煮る

蓋は開けたまま、弱火~中火で約30分煮ます。焦げ付かないように注意しながら煮詰めると、煮汁にとろみが出てきます。

STEP5:完成

盛り付けて完成です。XO醤の風味が良く、軟骨も食べられます。

煮汁は、冷めると煮こごり状になって栄養満点です。冷凍しておいてカレーや鍋のベースに使えます。

おわりに

XO醤というと炒め物に利用する場合が多いですが、このような料理も試してみてはいかがでしょうか。

もみじは安くて肌にも良い食材なので、たくさん作って小分け冷凍にして、毎日のごはんのお供にしています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。