\ フォローしてね /

台所用洗剤で汚れ落とし!布製パンプスのお手入れ方法

靴のお手入れは素材に合ったやり方が必要です。今回はクリームが使えない布製のパンプスのお手入れ方法をご紹介します。

お手入れの頻度・タイミング

履いた後はその都度軽くブラッシングし、汚れ落としは1ヶ月に1度くらいを目安にします。

それ以外でも汚れがついたときはそのタイミングで行います。

必要な道具

  • 靴用ブラシ
  • 台所用洗剤(中性洗剤)
  • やわらかい布やコットン(著者は化粧用コットンを使用)

お手入れの手順

今回はスエード調の冬用布製パンプスを例に実践します。

STEP1:靴全体をブラッシング

まず靴全体を軽くブラッシングして砂やホコリを落とします。底部分に泥など酷い汚れが付いている場合は、別のブラシか歯ブラシを代用すると良いでしょう。

STEP2:汚れた部分を軽く拭く

汚れた部分を台所用洗剤の薄め液で軽く拭きます。コットンを台所用洗剤の薄め液で堅く絞り、汚れた部分を軽く拭くかトントンと叩くようにして落とします。

薄め液はコップ1杯くらいの水に対して洗剤1、2滴程度が目安です。

STEP3:キレイな水で拭く

次に、キレイな水を使い、堅く絞ったコットンで拭きます。強くこすらず軽く叩く感じで拭いて下さい。

STEP4:ヒール部分の汚れも落とす

別のコットンでヒール部分の汚れも落とします。同じ要領で布以外のヒール部分なども、洗剤をつけたコットンで拭きその後水拭きします。

STEP5:日陰で乾かす

後は濡らした部分がしっかり乾くまで、日陰の風通しの良い所の置いておきます。乾いたら収納します。

ヒール靴のお手入れをする時の注意点

  • 今回のような布製の場合は、薄めた洗剤をつけたコットンを目立たないところにつけてみて色落ちのチェックを予め行うようにしてください。

  • 布製に限らずヒールやソール部分との継ぎ目は合成接着剤が使われることが多いので、なるべく濡らさないように手早くお手入れしましょう。

さいごに

最近はヒールのある布製の靴も色々な種類があって、オシャレですね。布の汚れはひどくなると取れなくなるので、普段からこまめにお手入れしてできるだけキレイな状態で長持ちさせたいものですね。

お手入れの参考になれば幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。