1. コミュニケーション
    2. おばあちゃん直伝!手遊びできるお手玉の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おばあちゃん直伝!手遊びできるお手玉の作り方

    昔から女の子の遊びの代表として親しまれてきたお手玉。筆者が子供の頃から慣れ親しんだお手玉は祖母直伝の実用的なものです。

    今回は手乗せ遊びに最適の座布団型お手玉の作り方を紹介します。

    完成したお手玉の大きさ

    直径約8cmです。中に入れる詰め物(豆・米など)の量によって、もう少し厚みの出た形にもできますが、このくらいの大きさが遊ぶには適しています。

    用意するもの・道具

    • 綿・化繊などの柔らかめの布:お手玉1個につき5cmx8cmの大きさのものを4枚
    • 針と糸(針は普通サイズかやや小さめ、糸はミシン糸50番・60番くらい)
    • 詰め物(小豆・米など)
    • ハサミ、定規、まち針など適宜
    布は2色使いが、作る時に分かりやすく見た目もかわいいです。

    作り方

    手縫いでもミシンでもどちらでも構いませんが、今回筆者は手縫いで作りました。

    STEP1:布を並べる

    写真のように4枚の布を置きます。

    写真では表向きですが、実際には布を裏向きに並べます。

    STEP2:左右ふたつに分ける

    図のように真ん中より左右2つのパートに分けます。どちらからでもスタートの地点から赤と白(柄もの)の2枚を縫い代5mmくらいで縫い合わせていきます。

    図の1と1、2と2、3と3を一気に縫い合わせていくと、×印同士△印同士がくっつくことになります。

    STEP3:布を縫い合わせる

    最初の1辺を縫い合わせた状態です。少しやりにくいですが、赤の方を垂直に曲げてそのまま縫い進みます。

    1・2・3を一気に縫うと、このようにコの字の箱型になります。ここで玉止めをしておきます。

    同じ要領でもう1つのパートも2枚を縫い合わせます。

    糸の長さは1・2・3を足した長さの1.5倍くらいを目安にすると一気に縫えます。

    STEP3:2つの箱を縫い合わせる

    2つできた箱型のものをくっつけて、ずれないようにまち針を打ちます。

    STEP4:1辺だけ残して全てを縫い合わせる

    どこからスタートしても良いので、2つの箱を合わせるように縫い付けていきます。

    最後に残った1辺は中身を入れるために開けておいて玉止めします。

    一気に縫えるように、糸の長さは5辺足した分の1.5倍くらいを目安にします。

    STEP5:糸目の線のところで折り目をつける

    表返したときに形がきれいになるように、各辺の糸目の線のところで縫い代分をどちらかに倒すようにして指先で折り目をつけておきます。

    STEP6:表に返して中身を詰める

    くるっと返して開いているところから中身を詰めます。

    体積の3分の2くらい入れてください。

    STEP7:口を閉じる

    縫い代を内側に折り込み、くけ縫いします。

    くけ縫いとは縫い目が見えないように、2枚の布の内側を交互に2、3mmずつくらいすくって縫い付けていく方法です。

    完成

    最後はしっかり止めてこれで完成です。

    作り方のポイント

    ポイント1:詰め物の素材と縫い方

    お手玉遊びをするのに適しているのは、小豆やお米です。今回のように手縫いする場合中身が出ないように縫い目の大きさを加減する必要があります

    お米の場合はやや小さめ(1~2mm)がお薦めです。

    ポイント2:角の部分の縫い方

    直角に曲がる部分は縫いにくいので、縫い目を細かくして図のようにすくう距離を短くすると上手にできます。長いほうの布(写真の赤い方の布)を曲げるときに少しくらいヒダが入っても大丈夫です。

    ポイント3:最後の1辺の縫い方

    中身を詰めた後の最後の閉じは、糸を二重にしてしっかり縫い付けてください。縫い始めと縫い終わりは目を細かくして返し縫いすると、隙間から中身がこぼれるのを防げます。

    おわりに

    立体的になっていると縫いにくいように思われますが、案外簡単にできますよ。中身の大きさと縫い目のバランスさえうまくいけば、お裁縫に慣れていない人でも作れます。是非作ってみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人