\ フォローしてね /

食欲のでない暑い日に…夏野菜たっぷり丼の作り方

長野県の郷土料理で、食欲がないときなどでも、箸が進む一品です。筆者が子どもの頃に、夏になると父が作ってくれました。漬物を使う場合もあるようですが、筆者宅では生野菜を使用しています。

材料(2人分)

  • きゅうり:1本
  • なす:1本(生食向きのもの)
  • みょうが:1個
  • 卵:1個
  • しょうゆ:大さじ3
  • 一味とうがらし(好みで):少々
  • ご飯:お茶碗一杯半

作り方(調理時間:20分)

STEP1:きゅうりを切る

3mm角くらいのみじん切りにします。

STEP2:なすを切る

きゅうりと同じように3mm角くらいのみじん切りにします。

STEP3:みょうがを切る

みょうがも、3mmほどのみじん切りにします。

STEP4:水にさらす

ボウルにたっぷりの水を入れて、きゅうり、なす、みょうがをさらして5分ほどおきます。

STEP5:水気を切る

ざるに上げて2分ほどおき、水気を切ります。

STEP6:具材を混ぜる

野菜をボウルに戻し、卵としょうゆを加え、混ぜ合わせます。

水分がたくさん出ますが、それもおいしさのポイントになります。

完成!

どんぶりにご飯を盛り、STEP6の具材をたっぷりかけます。

お好みで一味とうがらしをかけましょう。

作り方のコツ・注意点

  • 野菜から出た水分も一緒にご飯にかけます。
  • 食べる時は、ご飯と具材をよく混ぜてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。