\ フォローしてね /

大げさな装飾は避けよう!結婚式の心付けの包み方

結婚式を行うに当たり、お世話になる方にお心付けを渡すのが一般的です。ここではお心付けの包み方について紹介します。

祝儀袋とポチ袋の使い分け

お心付けは大きな金額になることはあまりありません。その為、ほとんどがポチ袋でいいでしょう。

ただし、仲人さんなど包む金額が多額になる場合はご祝儀袋にします。

祝儀袋での包み方

STEP1:表書きをする

水引きの上に寿、水引の下に両家の苗字を書きます。新郎が右、新婦が左です。

表書きの書き方ですが、写真では祝儀袋が「寿」、ポチ袋が「御礼」となっていますが、祝儀袋だから「寿」、ポチ袋だから「御礼」と決まっているわけではありません。

仲人さんへの御礼は、金額が多額になることが多いので、祝儀袋を使い、表書きは「寿」や「御礼」と記入します。

仲人さんや、来賓への御車代は、ポチ袋で構いません。表書きは「御車代」「お車代」と記入します。

その他、お世話になる方、ヘアメイクさんや式場のスタッフ、カメラマンさんなどにも、ポチ袋で渡します。表書きは「寿」と「御礼」と記入します。

STEP2:お札を入れる

お札は新札を用意します。お札の表が前を向き、肖像画が上を向くようにお札を入れます。

STEP3:裏を止める

裏はのり付けします。

ポチ袋や、祝儀袋に金額を書くところがある場合は、数字で構いませんので記入します。特に金額を書くところがない場合には、裏面に金額を記入する必要はありません。

ポチ袋での包み方

STEP1:表書きをする

水引の上に御礼と書き、下に両家の苗字を書きます。

STEP2:お札を入れる

お札は新札を用意し、向きをそろえます。

STEP3:お札を三つ折にする

まず、左側を折り、次に肖像画のある側をその上に折り三つ折りにします。

STEP4:ポチ袋に入れる

折り合わされた側が前になるようにポチ袋に入れます。

書くときに気をつけたマナー

書くときはもちろん毛筆、筆ペンを使用しましょう。

先にも書いたように、お心付けは多額ではないので、大げさな装飾のものは避けましょう。ご祝儀袋のほうが、中身よりも少し負けているくらいの方がいいです。

ほとんどが新郎、新婦の苗字で渡しましたが、ヘアメイクさんへのお心付けは、著者(新婦)のみがお世話になったので(新郎のヘアは自分で行った)、新婦の苗字で渡しました。

このように、どちらがお世話になったかで、表書きの名前を変えるように注意しました。

おわりに

いかがでしょうか。ご祝儀袋は用意する機会が多くありますが、ポチ袋はなかなか用意する機会がありませんよね。

この記事が参考になってくれれば幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。