1. 料理
    2. 自分にピッタリのお米の選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自分にピッタリのお米の選び方

    毎日何気なく食べているお米、みなさんは自分の好みを意識したお米選びをしたことがあるでしょうか?

    一見たいして差が無いように思えるお米も、実は銘柄によって味がかなり違います。

    この記事では、ご自身の好みに合ったお米の選び方と、美味しく食べるためのお米の量の選び方をご紹介します。

    本記事は、楽天市場のご協力により、2013年に執筆されたものです。

    バランスのとれた美味しさのお米を食べたい

    バランスのとれた王道の美味しさのお米を食べたい方は、「コシヒカリ」「ひとめぼれ」がオススメです。

    この2つのお米の特徴は味のバランスがとれているところです。

    お米にはその味に関わる「アミロース」、「アミノペクチン」、「たんぱく質」という成分が含まれています。この3つの割合がバランスよく含まれていることから王道の美味しさを持つお米と言われています。

    ひとめぼれは、マッチする料理の幅が広く一般的にコシヒカリよりも安価です。

    コシヒカリのプロフィール

    生産量が日本一であるコシヒカリ、南は九州から北は宮城県・秋田県まで生産されており、日本全国で生産されるお米の3分の1を占めます。

    今の北陸地方である越国(こしのくに)で誕生したことから「コシヒカリ」と呼ばれています。

    ひとめぼれのプロフィール

    東北地方で強い耐冷性を発揮したことから普及したお米で、料理の幅が広く、コシヒカリよりも大粒であるのが特徴です。

    冷めても美味しいお米を食べたい

    お弁当に使うシーンが多く、「冷めても美味しいお米を食べたい!」という方は特に「ミルキークイーン」「あきたこまち」がオススメです。

    もちろん炊きたてでも美味しいお米ですが、冷めた時に真価を発揮を発揮します。ご飯が冷たくなってもお米が硬くなりにくく、味も炊いたときのままの旨みを味わえます。

    自身の職場に持って行くお弁当、お子さんの運動会や遠足のおにぎりにもってこいのお米と言えます。

    ミルキークイーンのプロフィール

    ミルキークインは半透明で牛乳のような色をしていることからこのように呼ばれています。コシヒカリが突然変異させて生み出したお米です。

    あきたこまちのプロフィール

    あきたこまちは魚沼産コシヒカリと並んで、日本穀物検定協会から最高ランクである「特A」を幾度となく受賞しています。東北で最初の「コシヒカリ」系統の食味を持つ良質・良食味米品種です。

    チャーハンや雑炊に合う パラパラしたお米を食べたい

    炊いたお米をさらに調理してチャーハンや雑炊にするときにオススメのお米が「ササニシキ」です。

    ササニシキは、コシヒカリなどのお米に比べて粘り気が少なくパラパラとする特徴があることから、これらの料理に向いていると言われています。

    ぜひ一度ササニシキで一味違うチャーハンを作って味わってみて下さい。

    ササニシキのプロフィール

    今でこそ作付け面積が減りましたが、比較的寒い地方でも病気に強く、収量も多かったことから、平成2年には作付け面積が「コシヒカリ」に次ぐ全国の作付け第2位でした。

    チャーハンやピラフ等の料理に向いていることから、専門の飲食店で好んで使われるようです。

    お寿司に合うお米を使いたい

    ご家庭で手巻き寿司・ちらし寿司を作る方も多いですよね。

    パーティーなどでも活躍できるお寿司をさらに美味しくするのにオススメのお米が「日本晴」です。

    日本晴は粘りが弱く程よい硬さのため、お寿司に向いているお米です。大勢でお寿司を食べる機会などがあればぜひ買って食べてみて下さい。

    寿司以外に、カレーにも合うお米と言われています。

    「日本晴」のプロフィール

    コシヒカリが普及する前は、日本の作付面積が第一位のお米でした。現在は生産量が減りましたが滋賀県、鳥取県、和歌山県などでしっかり栽培されています。

    美味しく食べるために!買うお米の量について

    お米の賞味期限について

    お米にも賞味期限があります。

    お米を最大限に美味しく食べたい方は下記の賞味期限を参照して、その期間で食べきれるように適量を買うのがオススメです。

    各季節ごとの賞味期限

    • 9月・10月・11月 →賞味期限:約1ヶ月
    • 12月・1月・2月 →賞味期限:約1.5ヶ月
    • 3月・4月 →賞味期限:約1ヶ月
    • 5月・6月→賞味期限:20日~25日
    • 7月・8月→賞味期限:約15日
    5月以降はお米の古米化が進み、さらに気温も上がるため保存期間が急激に短くなります。

    おわりに

    いつも口にするお米だからこそ、自分にピッタリのものを選びたいですね。

    ぜひ、この記事を参考にして美味しいお米選びの参考にしてください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人