\ フォローしてね /

簡単!手縫い時のかがり縫いの仕方

この記事では、かがり縫いの仕方についてご紹介します。かがり縫いは、フェルトの縫い合わせや布端のほつれ止めなどに利用される縫い方です。また、クッションの綿入れ口を閉じる際にも使われます。

著者の裁縫経験

子供の頃はよくフェルトで小物を作っていました。簡単な洋服や、最近では愛犬の洋服をよく作っています。

かがり縫いの仕方

フェルトを使ってかがり縫いの仕方をご説明します。分かりやすいように糸の色を黄色にしています。作品に合わせて糸の色を選んで下さい。

STEP1:玉結びをする

外に見えないよう、内側に玉結びをします。

STEP2:縫う

縫い目と縫い目が同じ間隔になるよう縫っていきます。かがる物にもよりますが、大体5mm~8mm間隔位で針がまっすぐになるよう刺して行きます。

STEP3:手前のフェルト1枚に針を通す

端に来たら、手前のフェルト1枚だけに針を通します。フェルトとフェルトの間に玉止めをします。

STEP4:玉止めを内側に作り完成

内側から針を入れ、外側に針を出して少し強めに引っ張り、玉止めが内側に入るようにします。糸を切れば出来上がりです。

かがり縫いを上手にやるためのコツ

同間隔で縫い進めると、見た目がきれいです。クッションなどの綿入れ口を閉じる場合は、間隔が大きいと中の綿が出てしまいますので、なるべく狭い間隔で閉じると良いと思います。

フェルトの場合、あまり浅く糸をすくってしまうと上手くかがれません。

おわりに

フェルトの小物作りなどには欠かせない縫い方です。作品作りの参考となれば幸いです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。