\ フォローしてね /

簡単リメイクに!パッチポケットの縫い方

こちらでは、パッチポケットの縫い方についてご紹介します。

裁縫経験

小学生の頃から手縫いやミシンを使って小物や洋服を作っています。

パッチポケットを縫うもの

今回は既製服のシャツのポケットを、柄物の布のポケットに交換します。

使用する道具・材料

  • ポケット用布
  • 厚紙
  • 鉛筆
  • ハサミ
  • リッパ―
  • アイロン
  • アイロン台
  • 仕付け糸・(まち針)
  • ミシン・ミシン糸

パッチポケットの縫い方

STEP1:元のポケットを外す

リッパ―を利用して、布を切らないように注意しながら元のポケットを外します。

交換ではなく何もない場所にポケットを付ける場合は、このSTEPは省略してください。

STEP2:型紙を作る

外したポケットを厚紙の上に置き、鉛筆で輪郭を写して切り抜き、型紙を作ります。

外したポケットがない場合は、他のシャツについているポケットを参考にしたり、手芸本に出ている型紙などを利用します。

STEP3:布を切る

上部分には6~7cm、その他は1~1.5cmの縫い代をつけて、布を切ります。

STEP4:型紙に合わせてアイロンをかける(上部分)

型紙のサイズになるように、上部分を2回折ってアイロンをかけます。

STEP5:型紙に合わせてアイロンをかける(横・下部分)

カーブの部分には細かくなみ縫いをして、型紙を置いたまま糸を引き、アイロンをかけます。

STEP6:上部分をミシンで縫う

上部分をミシンで縫います。

STEP7:しつけをする

ポケットをしつけます。必要であればまち針を利用します。

STEP8:ミシンで縫う

縫い始めと縫い終わりを返し縫いして、一周縫います。

STEP9:しつけをほどく

しつけを抜いたら完成です。

内側のカーブの部分に細かいなみ縫いをした糸も忘れずに抜いてください。

パッチポケットを上手に縫うためのポイント

カーブの部分をなみ縫いとアイロンで形よく作り、縫う時もカーブがキレイになるように縫うのがポイントです。

おわりに

ポケットが別布になっているシャツをお店で見かけたのでリメイクしてみました。外したポケットは、また他のシャツにつけたりポーチやエコバックなどにつけたりすることもできます。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。