\ フォローしてね /

究極のアイロンがけ?珍スポーツ「エクストリームアイロニング」とは

日常生活で、Yシャツやスラックスなどアイロンがけをする機会も多いのではないでしょうか。実は世界には、そんなアイロンがけでさえもスポーツにしてしまう文化があります。

そこで今回は、究極のアイロンがけ競技「エクストリーム アイロニング(エクストリーム アイロン掛け)」を紹介します。

エクストリームアイロニングとは

エクストリームアイロニングは、イギリス発祥のエクストリームスポーツの一種です。「エクストリーム(過激な)」とつくように、人里離れた山の上やカヌーの上、パラシュート中など過酷な環境でいかにキレイにアイロンがけをするかを競うスポーツです。

基本原則として、「極限状態の場所で平然とアイロン台を出し、涼しい顔でアイロンがけを行う」ことが重要視されるスポーツです。

エクストリームアイロニングの選手は「アイロニスト」と呼ばれます。

エクストリームアイロニングのルール

エクストリームアイロニングは明確に競技ルールが定まっているわけではなく、大会ごとに開催場所などによって決められます。

エクストリームアイロニングは、主に以下の3つの採点基準で勝敗が決められます。

技術点

アイロンがけですから、もちろん「きちんとシワが伸ばせているか」は評価基準になります。しかし、アイロニストたちは基本原則にもあるように、シワを伸ばすこと以上に、極限状態でアイロンがけをすることの方を重要視しているようです。

芸術点

いかに独創的なスタイルでアイロンがけができるかという基準です。地上での開催であっても、ジャンプしながらや逆立ちしながらなどあらゆる技が披露されます。

タイム

いかに早く終わらせるかも基準の一つになります。マラソンのようにコースになっている場合もあり、いくつかのアイロンがけポイントにおいてアイロニングを披露してタイムを競うこともあります。

アイロンがけもここまできた!アイロンがけ世界記録

エクストリームアイロニングは大会によってさまざまなルールがあるため、世界記録もさまざまです。

高度記録

アイロンがけを行う高さの記録では、、アルゼンチンのアコンカグアの頂上でアイロンがけを行った“アイロン男”カリックが保持しており、6,959mの記録を持っています。

水中記録

水中での最深の記録は、イギリス人アイロニストが保持しています。エジプト沖で水深100mでのアイロニングに成功しました。

また、水中での最多人数によるアイロンがけは、オーストラリアのスキューバダイビングチームが2005年に43人の最高記録を達成しました。

フルマラソン×アイロンがけの道具

2004年には、クリース・ライトニン選手がアイロンがけの道具を装備したままロンドンマラソンに出場し、完走を果たしました。

日本におけるエクストリームアイロニング

エクストリームアイロニングは、日本ではまだ有名ではないスポーツですが、日本人でも有名なアイロニストがいます。

日本もエクストリームアイロニングの団体「エクストリームアイロニングジャパン」代表の松澤等は、初の富士山山頂でのアイロンがけに成功した人です。

エクストリームアイロニングは、マスコミでもおおく紹介されており、番組内では「イナバウアーアイロニング」や「滝行アイロニング」が取り上げられました。

おわりに

世界の珍スポーツ「エクストリームアイロニング」を紹介しました。日本ではまだ広がっていないスポーツなので、一歩先取りしてはじめてみてはいかがでしょうか!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。