\ フォローしてね /

小さな子どもさんにも!ミニ恵方巻きの作り方

ここでは、節分にぴったりの子どもさん向けの恵方巻きの作り方を紹介します。10センチ程度の小さな恵方巻きで、具材もお子さんが食べやすいものにしました。

材料(4本分)

  • ご飯:茶碗1杯分程度
  • 焼き海苔:1枚
  • 焼き豚:30グラム程度
  • レタス:1〜2枚
  • マヨネーズ:適量
焼き豚は最初から切れているものを4枚使いました。

作り方(調理時間:10分)

STEP1:レタスを切る

レタスを幅3〜5ミリ程度の千切りにします。

STEP2:焼き豚を切る

焼き豚を幅1センチ程度の短冊切りにします。

STEP3:海苔を切る

焼き海苔をキッチンバサミなどで4等分します。10〜15センチ四方の大きさの海苔が4枚できあがります。

STEP4:ご飯をのせる

ラップの上に、STEP3の海苔を1枚敷いて、ご飯大さじ2杯程度を伸ばします。

ご飯はアツアツのものを使用すると海苔がふやけるので、少し冷ましたものを使用します。

STEP5:具材をのせる

STEP4の上に、レタスと焼き豚をのせ、マヨネーズを一絞りします。

STEP6:海苔を巻く

海苔の端をラップを持ち上げ、巻き込みます。

きゅっと絞めるように巻くとうまく巻けます。

STEP7:巻き上げる

最後までくるくると巻き上げます。ラップをつけたまま数分置いておくと、形が馴染みます。

STEP8:出来上がり

ラップを外したら完成です。丸ごと1本そのまま食べても良いですし、お好みでカットしても良いです。

作り方のコツ・注意点

具材は変えても良い

子どもさんの中には、酢飯が苦手な子もいるので、ここではご飯をそのまま使いました。お好みで、もちろん酢飯でもOKです。

具材も、ハムやきゅうりなどでも美味しくできます。マヨネーズの味付けなので、子どもも食べやすいと思います。

具材を入れすぎない

具材やご飯はたくさん入れすぎると、綺麗に巻けないので気をつけています。少し少ないかなという程度が子どもさんにも食べやすく、巻きやすいです。

節分らしさを出すポイント

普段は食べにくいという理由から、子ども用には切り分けて出す巻きずしなのですが、節分の時は子どもも1本まるごとお皿に並べて食べています。そうすると、丸かじりできて、節分らしい気分を楽しめます。

おわりに

節分以外にも、子どものお弁当にもオススメです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。