1. コミュニケーション
    2. 言葉のスリム化をしよう!相手に伝わりやすい話し方とは

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    言葉のスリム化をしよう!相手に伝わりやすい話し方とは

    プレゼンテーションや商談など、お客様の前などで話をする際、相手に伝わりやすい話し方には、不要な言葉を省かなければなりません。

    「あー」や「えーと」「あの」などを多用していませんか?これらの言葉は話す内容とは関係のない不要な言葉なのです。

    無駄な言葉を省いて話す内容をシンプルにすることは、相手の理解力を上げることにつながります。あなたの話し方に無駄な言葉がないかチェックしてみましょう。

    本記事は、専門家プロファイルのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    あなたは大丈夫?「重複表現」を含む話し方

    まずは以下のセリフを読んでみてください。

    「第一回目の会議では、まずはじめに私からご説明いたします」

    気づきましたか?このセリフの中には、無駄な言葉が隠されていますよね。

    「第一回目」

    「まずはじめに」

    これが重複表現になってしまっています。

    「第一回目」

    第と目はそれぞれ、数につけることで順序を示す言葉です。第は接頭語、目は接尾語で同じ役割を果たしています。

    「第一回」もしくは「一回目」が正しいのです。

    「まずはじめに」

    まずは漢字で表記すると「先ず」。最初に行うという意味の言葉です。そこに「はじめに」とつけると考えれば、「最初にはじめに」という不思議な文章になりますよね。

    「まずは」もしくは「はじめに」が正しいのです。

    さいごに

    例えば他には、「腰痛が痛い」「お体をご自愛ください」なども重複表現にあたります。あなたも知らず知らずのうちに使ってしまっていませんか?

    二重敬語などさまざまな重複する表現が巷にあふれていますが、言葉の無駄を省き、言葉をスリム化することは話し相手の聞き取りやすさにつながります。

    普段話している言葉を振り返ってスリム化してみましょう! あなたの話し方が何倍も洗練されるかもしれませんよ。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人