\ フォローしてね /

アルカリ電解水で簡単に!キッチンの天井の掃除方法

キッチンの天井は油汚れが付着しています。二度拭きが要らない洗剤を使用して簡単に掃除する方法を紹介します。

掃除の頻度、タイミング

天井に埃や油汚れが着いているとき。半年に一度は掃除をするとよいです。

掃除に必要な道具

  • 脚立(椅子でも可)
  • 長い柄のワイパー
  • マイクロファイバー雑巾
  • アルカリ電解水
アルカリ電解水は水でできているものなので、二度拭きが必要なく簡単に掃除できます。

ビニールクロスの壁紙以外、アルカリ電解水は使用できません。

掃除の具体的な手順

STEP1:ワイパーにマイクロファイバー雑巾を付ける

マイクロファイバー雑巾は繊維が細かく、超極細繊維がゴミを絡めとります。薄手の物ではなく厚手の物が掃除しやすいです。外れないようにしっかりと取り付けます。

STEP2:アルカリ電解水を吹きかける

アルカリ電解水を多めに吹きかけます。雑巾一枚に対して5プッシュほど吹き付けました。

STEP3:天井を掃除する

脚立や椅子に乗って、こするように掃除をしていきます。汚れの少ない場所から始めましょう。同じ場所でも縦方向、横方向と向きを変えながら掃除すると汚れが取れやすいです。

STEP4:汚れがひどい場所を最後に掃除する

マイクロファイバー雑巾にアルカリ電解水を再び吹きかけて、換気扇の上など汚れがひどい場所を最後に掃除します。汚れがしつこい場合は雑巾の面を替えて、アルカリ電解水を吹きかけて掃除します。

STEP5:乾かす

二度拭きは必要ないので、そのまま乾かします。

その他、キッチンの天井掃除で注意すること

ワイパーで取れないしつこい汚れは、手でマイクロファイバー雑巾を持って、脚立に乗って掃除します。アルカリ電解水を雑巾につけて優しく雑巾を汚れに押し当てて、汚れを取りましょう。強くこすりすぎると、壁紙の色が落ちてきます。

脚立に乗っての作業は危険を伴いますので、注意して行ってください。

おわりに

アルカリ電解水はドラッグストア、100円ショップ、ホームセンターなどで手に入るようになりました。天井以外にも様々な掃除に使えるので試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。