\ フォローしてね /

湿気を溜めないことがポイント!洗面所の壁の掃除方法&カビ防止方法

ここでは、洗面所の壁の汚れを掃除する方法と、カビを防止する簡単な方法を紹介したいと思います。

必要な道具

  • 中性洗剤
  • 浴室用カビ取り洗剤
  • ぞうきん
  • 乾拭き用タオル
  • ポリ手袋
  • 洗面器

定期清掃:汚れ防止の方法

汚れが気になったときなど、月2回ほどのペースで洗剤を使って壁を拭くようにしています。

STEP1:中性洗剤液を作る

洗面器に水をはり、中性洗剤を2、3滴垂らして泡立てます。

STEP2:中性洗剤につけた雑巾で拭く

STEP1に入れて、固く絞った雑巾で、壁を拭きます。

このとき、トントンと叩くように拭くと壁紙を痛めません。

STEP3:乾拭きする

乾いたぞうきんで乾拭きします。湿気が残るとカビが生えやすいので、しっかり乾拭きしましょう。

水ハネ汚れの予防について

洗面所の汚れの代表的なものといえば、湿気によるカビや歯磨きや洗面地の水ハネ。

水ハネ汚れの防止のポイントは、気づいたときにすぐ拭くということです。ちょっとひと拭きするだけで、汚れ防止になります。筆者は、洗面台にいつでもさっと拭けるように小さなタオル(古くなったボティタオル)を吊るしています。

カビが生えてしまったとき

カビ取り洗剤を使っての掃除は、カビが生えてしまったときにだけ行うので、定期的には行いません。

STEP1:カビ取り洗剤を雑巾にかける

カビ取り洗剤を水で濡らし、絞った雑巾に1プッシュかけます。

手袋を必ずつけ、換気をして行いましょう。

STEP2:洗剤で拭き、時間を置く

STEP1の雑巾でカビの生えた部分の壁を叩くように拭きます。

そしてそのまま、10〜20分ほど放置します。

STEP3:濡れぞうきんで拭き取る

水で濡らした雑巾で、壁の洗剤を拭き取ります。このときもあまり強くこすらないようにしましょう。

STEP4:乾拭きする

定期掃除と同じように、乾いた雑巾で乾拭きします。

洗剤を使用して掃除するときは、絶対に洗剤を混ぜないようにしてください。

カビ予防について

カビを防止するために、筆者は毎日24時間で洗面所の換気扇を回しています。窓のない洗面所で、以前梅雨時期にカビを生やしてしまったこともあり、ずっと換気扇をつけるようにしています。

おわりに

毎日の心がけが汚れ防止の一番の対策です。筆者宅は、洗面所が浴室の隣に位置しています。ですので、洗濯後の換気や、入浴後の換気などにも気をつけています。

みなさんも、清潔な洗面所で快適な毎日をお過ごしください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。