\ フォローしてね /

バレッタのパーツがとれてしまったときの補修方法

こちらではヘアアクセサリーのバレッタの金具が一部とれて無くなってしまったときの簡単な補修方法についてご紹介します。

補修に必要な道具

とれて無くなったパーツと同じもの(類似のものでも可)

無くしたパーツを準備するためには金具のサイズを調べて、同じサイズの金具や、同じサイズの金具の付いているバレッタを手芸店やアクセサリー店で探します。

手芸店やアクセサリー店に修理したいヘアアクセサリーを持参して、サイズだけでなく仕様が同じものを選ぶと失敗がありません。

具体的な補修の手順

STEP1:パーツを用意する

丸で囲んだ部分に本来あるべきパーツが無くなっているため、髪に付けることができない状態です。この、とれて無くなったパーツと同じものを用意します。

STEP2:パーツをはずす

パーツ用に用意したバレッタから、必要なパーツをはずします。

このパーツは金具や接着剤などで固定されているのではなく、下のパーツの左右にひっかけてあるだけなので、左右どちらかを先に引っ張れば簡単に外れます。

STEP3:パーツをつける

修理する方のバレッタにパーツをつけたら完成です。

STEP2でパーツを外したのと逆の要領で下のパーツの左右にさし込みます。

バレッタの補修に関しての注意点

今回パーツ用に用意したバレッタを購入する際、手芸店やアクセサリー店を数軒回りましたが、交換した部分が取り外せないタイプのバレッタも販売されていました。購入の際にはよく確認してください。

おわりに

気に入ったバレッタはいつまでも大切に使用したいですよね。

パーツが見つからない場合は、バレッタを購入したお店で相談してみるのもいいと思います。お店によっては修理をしてもらえる場合があります。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。