\ フォローしてね /

日頃から習慣づけよう!水切り調理棚のカビの掃除方法

今回は著者が実践している水切り調理棚のカビを掃除する方法をご紹介します。

掃除道具・掃除場所について

用意するもの

  • 漂白剤
  • 歯ブラシ
  • メラミンスポンジ

掃除する場所について

著者宅はキッチンの調理スペースが狭いため、料理中に食材や調理道具を一時的に置くスペースとして、シンクに水切り調理棚を設置しています。常に水に濡れる場所なので、裏面の凹凸部分にカビが発生しやすいです。

水切り調理棚の掃除方法

今回は上記写真にあるとおり、裏面の凹凸部分に発生したカビを掃除します。

STEP1:漂白剤をかける

カビが発生してる箇所に漂白剤をかけます。量の目安はキャップ半量です。その後このまま5分程時間をおきます。

漂白剤は強い薬品なので必ず手袋を着用し、十分な換気の上で使用しましょう。著者は匂いが苦手なのでマスクも着用しています。

STEP2:歯ブラシでカビを落とす

5分程経過したら歯ブラシでカビの箇所をこすります。漂白剤をかけて時間をおいたことで汚れが浮きやすくなっているので、あまり強くこすらなくてもカビがきれいに落ちます。

STEP3:他の部分も洗う

カビが発生した以外の場所も、カビの粉末が飛び、雑菌がついている可能性があるので、同じように漂白剤をつけて洗います。

広い面はメラミンスポンジの使用が便利です。

STEP4:水洗いして完了

最後に水で漂白剤と汚れを洗い流して完了です。漂白剤が完全に落ちるまで、流水で30秒以上洗い流すようにしましょう。

心がけるべきポイント

漂白剤をかける際、狭い場所でもきちんとカビの真上に液が浸るように丁寧にかけましょう。それだけで十分汚れ落としの効果があります。

掃除の頻度やタイミング

実際にカビが発生していなくても、週1回を目安に漂白剤で洗うことでカビを事前に防止することができます。

おわりに

いかがでしたか。水切り棚は食品や調理道具に直接触れる場所なので、いつもきれいにしておきたいですよね。少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。