\ フォローしてね /

帯を長持ちさせよう!帯のお手入れ方法

使用した帯をどのようにお手入れしたらいいのか…と思う方もいらっしゃいますよね。

今回は筆者が帯を使用したあとにどのようにお手入れをしているかをご紹介します。

お手入れの頻度

使用後は必ずお手入れをします。

できれば衣替えをする際にも陰干ししましょう。カビを防ぐことができます。

必要な道具

  • タオル
  • ハンガー
  • たとう紙

帯のお手入れの手順

STEP1:ふき取る

柔らかいタオルで表面を軽くふき取ります。着用すると、人ごみの空気にふれるなどして、表面に見えない汚れがついています。その汚れを取り除くための作業です。

STEP2:ハンガーにかけ乾燥させる

帯は何重にも巻いて、かつ結んで使用するので、意外に汗などで汚れます。そのため収納する前に乾燥させる必要があります。

しわにならないように横長のハンガーにかけます。筆者は両面を同じように空気にふれさせるために、数時間後に反対にひっくり返しています。半日程度かけて乾燥させると良いでしょう。

直射日光の当たらない、風通しの良い場所で乾燥させるようにしましょう。
ハンガーにかける際は、両端が床につかないように気をつけましょう。

STEP3:たとう紙に収納する

たとう紙に収納します。湿気対策のためできれば棚の上のほうに収納します。

次回に使用するときにしわを残さないようにたたみます。サイズは3回たためばたとう紙のサイズに合わせて入れられると思います。

注意点

帯は丸洗いしないという前提で作られているので、水にぬれることを想定していません。

そのため広範囲に汚れが付いてしまった場合は、自分でお手入れするのではなく、着物や帯の専門のクリーニング店にお願いすることをおすすめします。

おわりに

大切な帯を上手にお手入れして、長く使えるようにしましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。