\ フォローしてね /

英語から離れていた人のTOEIC勉強法

学生時代に英語を学校で勉強して以来、英語を勉強していないという人も多いでしょう。しかし、社会人になって会社からTOEICを受けなさいと言われても途方にくれてしまいますよね。

英会話に通うのもお金がかかるし、時間もない。そのような時はどのように勉強したらよいのでしょうか。

今回はTOEICに向けた英語の勉強の仕方をご紹介します。

自分のリスニングの力がどのくらいか把握する

まず、TOEICで少しでも高い得点を目指すならば、英語を聞くのに慣れてリスニングの力をつけることです。

問題集についているサンプルの問題を聞いて、自分がどのくらいリスニングの力があるかを把握しましょう。

リスニングの力がないときは英語を聞くとまず、日本語訳に直して内容を理解しています。リスニングの力がついてくると英語を聞くと英語のまま理解できるようになります。

リスニングの力をつける

リスニングの力をつけるには、常に英語を聞くことです。聞いても全然理解できないと、あきらめてしまいがちですが、分からなくても同じ内容を何度も聞きましょう。

通勤時に英語のテープを毎日聞いたりして同じ英語を繰り返し聞いていくと少しずつきき取れるようになります。

そしてきき取れなかった単語やフレーズはテキストで確認して、ききとれるようになるまで繰り返し聞きましょう。

発音できない単語がないようにする

自分で発音が分からない単語を聞き取れるようになるのは、難しいです。CDなどを聴きながらテキストを音読してみましょう。

音読できるようになると、リスニングの力もついてきます。あきらめずに根気欲続けましょう。

ライティングの力をつける

リスニングの力と同じく大切なのがライティングの力です。英語の文章を書い誰かに添削してもらえればそれが1番です。

しかし、添削してくれる人がいない場合は、日記をつけてみましょう。最初は、主語と動詞と目的語だけの簡単な短い文で大丈夫です。

分からない単語は、発音もきちんと調べて書けるようにしておきましょう。少しずつ長い文も書けるようになります。

おわりに

学校の受験もそうですが、試験を受けるときは目標を高くもってそれに向けて頑張りましょう。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。