\ フォローしてね /

10月13日は引越しの日!荷造りから収納までを大公開

10月13日は引越しの日!引越しの荷造りをする時のコツは断捨離することです。一度も使わなかったものや貰い物、思い切って手放しましょう。

実は、手放す時の分け方のポイントは「いる」or「いらない」ではありません。過去1年間で「使った」or「使わなかったで分けることが大事なんです。

すると、不思議と簡単に判断できるようになるんです。不要になったものは捨てたり、買取業者に引き取ってもらったり、友達にあげたり。思い切って整理すると、引越しの荷造りのダンボールも減って、引越し費用が抑えられるかも!

また、引越し後の片付けや収納も楽になって一石二鳥。すると、ピラミッドの1番下の「整理する」がクリアです。使ったものと使わなかったものをしっかり分けて引越しできたら、次は収納。簡単に手に入るもので、どんどん片付けていきましょう。

本記事は、ブランディアのご協力により、2013年に執筆されたものです。

簡単収納術!クローゼット収納編

洋服がたくさんでゴチャゴチャして、取り出すのが大変だったクローゼットもある物を使うとスッキリ収納できるんです。そのある物とは・・・?100円ショップなどで手に入る突っ張り棒&カラーチェーン&S字フックです。

カラーチェーンを使うことで取り出しやすく、片付けやすい!たっぷり収納できるクローゼットが作れます。

たとえばこんな感じ。

ポールにS字フックを掛けてチェーンを2本垂らし、中ほどにまたS字フックを使って突っ張り棒をヨコに渡します。上のポールにトップスを、下にボトムス類を吊るすと毎日のコーディネートの時間短縮になりますよ。

衣装ケース収納編

お次は衣装ケース!衣替えで洋服を入れ替える時、お目当ての洋服がなかなか見つからない・・・なんてことにならないための収納術に使うのはコチラです。ブックスタンド!

深いケースには3回折りしたジーンズをタテに並べて見やすく収納。数の多いTシャツは上から重ねてしまうと、下の方のシャツを着る機会が激減します。そんな時は浅いケースにタテに並べて、全体が見渡せるように収納すると、取りやすさも抜群です。

簡単収納術!冷蔵庫の中

最初は「小袋収納編」

お弁当などに付いていたしょうゆ・ワサビなどの小袋食品の数々。どう収納していいか分からずゴチャゴチャと山になるばかり・・・使おうにも、冷蔵庫を開けたまま「どこにあったっけ?」とお目当ての小袋を探すのは冷気が逃げて電気代がもったいない!

そこで、バラけやすい小袋食品の収納は、調味料ポットが便利です。

筆者的には塩や砂糖を入れるフタ付きポットが小袋入れにぴったりでオススメ。そのまま重ねて置くより場所を取らず、冷蔵庫から出しで探せるので時間や電気代などの節約にも一役買います。

お次は「冷蔵室収納編」

買ったばかりの食品と消費期限が近いもの、一応分けているつもりでも、どの食品のどこまでが消費期限間近だっけ?・・・とならないための収納術はコチラ!ハンドル付きのカゴで整理整頓。

消費期限間近な豆腐、納豆、ハムなどを、ドアを開けたらすぐ目に付く下段に収納すると使いそびれが防げます。

玄関収納編

タテのスペースを無理やり使って収納された靴の数々・・・。このままの状態が続いて結局傷んだり汚れたりして履けなくなってしまうなんてもったいない!それを解消してくれるのは、またまた登場「突っ張り棒」です!

普段使わないヒールタイプは奥に渡した突っ張り棒に引っ掛け収納。小さなスペースでもヒールのみ引っ掛けて収納することで、こんなにたくさんの靴が収納できます。

ロングブーツはシューキーパーを入れて不織布袋にいれて収納

シーズンオフのロングブーツは専用の不織布袋に入れて下段にヨコにして収納。型崩れしないよう、中にブーツキーパーを入れておくのがコツです。

おわりに

いかがでしたか?ちょっとした工夫や身近な小物使いで、引越し後のお部屋がたっぷり収納できるお部屋になりますよ。

ぜひ、お試し下さい。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。