1. コミュニケーション
    2. 時代はグローバル!ぽっちゃり女子がモテモテになりそうな国

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代はグローバル!ぽっちゃり女子がモテモテになりそうな国

    このライフレシピのもくじたたむ

    少し前にぽっちゃりブームがありましたよね。ぽっちゃり女子は「マシュマロ女子」「ぷに子」などと呼ばれていました。しかし、「ブームの恩恵受けてない…」という女子もいるのではないでしょうか。

    そこで今回は、世界に目を向け、ぽっちゃり女子がモテそうな国を紹介します。

    ぽっちゃりがモテる国

    ジャマイカ

    ジャマイカの女性の65%は肥満とも言われています。それほど周りにぽっちゃり体型の女性が多いジャマイカでは、ぽっちゃりしている人特にヒップと太もものお肉はモテポイントだそうです。

    太っている人ほど幸せそうで、社交的であると思われているようです。ウサイン・ボルトも可愛らしい日本のぽっちゃり女子を気に入るかも…?

    南アフリカ

    南アフリカでは、ぽっちゃりしていてふくよかな女性ほど裕福な人だと見られるようです。反対に、細すぎるとしっかり食事をとれていない貧しい人だと考えるようです。

    タヒチ

    タヒチには体に脂肪がついているかどうか族長の検査をうける風習がある地域があるそうです。これは一種の健康診断のようなもので、しっかり食事をとれているかが見られるようです。

    ココナッツミルクなど甘いモノが好きなタヒチの人は、女性にもぽっちゃりしていることを求めるようです。

    スリランカ

    スリランカでもぽっちゃりしている女性はモテるようで、民族衣装サリーからお腹を出して歩く人も多いようです。

    遺跡などに描かれている美人画などもぽっちゃりしている人が多いことから、長い間ふくよかな女性が美人と考えられてきたと考えられます。

    アフガニスタン

    アフガニスタンの人々はかつて遊牧種族であったこともあり、栄養を蓄えており、力仕事もこなせるような女性が必要とされてきました。その名残で、ぽっちゃりした女性を好む傾向になるようです。

    日本のぽっちゃり女子も、アフガニスタンで生きていけることがアピールできればイスラム系のイケメン男子をゲットできるかもしれません。

    フィジー

    南のリゾート「フィジー」では、成功や幸運のために食べ物を送る習慣があるそうです。それだけ食べることが好きな国なのです。

    加えて、南国の雰囲気も合わせてかフィジーの人々は陽気です。ふくよかな人は元気な印象を与えるので、陽気なフィジーの社会にあっているのかもしれません。

    おわりに

    ぽっちゃり女子がモテそうな国を紹介しました。日本男子は諦めて、世界のイケメンを探してみてはいかがでしょうか。

    (image by amanaimages)
    (image by amanaimages)
    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人