1. 料理
    2. 残った煮物でリメイクレシピ!刻んで混ぜておにぎりを作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    残った煮物でリメイクレシピ!刻んで混ぜておにぎりを作る方法

    レシピの紹介

    家族が大好きな切干大根を作る時は、いつも多めに作ってしまう著者です。ですが、時々残ってしまうことがあります。

    そんな時は冷凍保存も可能ですが、違う食べ方はないかと思った時に閃いたレシピをご紹介します。刻んで混ぜて握るだけ!何とも言えない優しい味のおにぎりです。

    材料(1人分)

    • 白いご飯・・・茶碗に1~1杯半
    • 切干大根の煮物・・・30~50g
    • 焼き海苔・・・適量

    作り方(調理時間:5分)

    STEP1:切干大根を切る

    切干大根の煮物を用意し、細かく刻みます。

    切干大根の食感を残したいので、5ミリ幅位に切りましょう。

    STEP2:ご飯と混ぜる

    ボウルにご飯を用意し、刻んだ切干大根を入れ、混ぜます。具材とご飯が均等に混ざるようにしましょう。

    STEP3:握る

    混ざったご飯をお好みの形に握り、仕上げに焼き海苔を巻きます。今回は俵の形にし、海苔は細めに切り巻きました。味が付いているので、おかずなしでもパクパクと食べられます。お弁当に入れてもいいと思います。

    作り方のコツ・注意点

    切干大根は小さくし過ぎず、食べた時の食感を残した方が美味しくいただけると思います。切干大根を入れ過ぎると、べちゃべちゃして握りづらくなりますので、注意してくださいね。

    残った切干大根をリメイクしておにぎりを作りました。是非、お試しください。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人