\ フォローしてね /

「うどんだし」を使った残り物メイク!絶品茶碗むしの作り方

うどんを食べると必ず残ってしまう「うどんだし」。ですが、捨てるのはちょっと待って。美味しいだしであればあるほど、「絶品茶碗むし」を作ることができます。

材料(3人分)

  • うどんだし(かつおだし) 400ml
  • 卵 2個
  • ねぎ 1/2本
  • 鶏もも肉 1/2枚
  • しいたけ 4枚
  • 長芋 1/4本
具は茶碗むしに合いそうなものなら何でもOKです。「えび」や「かまぼこ」、「ぎんなん」も合います。
ここでの「うどんだし」は、かつおだしに醤油、みりんの味がついたものを使っています。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:材料を切る

しいたけは石づきを切り落として千切りに、長芋はいちょう切り、ねぎは輪切り、鶏もも肉は一口大に切っておきます。

STEP2:卵液を作る

卵液を作ります。ボウルに卵を入れ、小さい泡立て器などでしっかり混ぜ合わせます。

STEP3:卵液に入れていく

茶こしなどでうどんだしを濾しながら卵液に入れていきます。少しずつ混ぜ、何度か繰り返します。

3~4回に分けてうどんだしを入れるのがポイントです。濾してから入れることで、ねぎなどを取り除くことができます。
ここでは、冷めたうどんだしを使ってください。

STEP4:全部混ぜ合わせる

全部混ぜ合わせると、卵液は出来上がりです。

STEP5:具材を入れる

器に具材を並べた後、できた卵液を入れます。

STEP6:加熱(蒸す)

フライパンに水を張り、沸騰するまで加熱します。

沸騰したら蓋をして中火にし、3分加熱します。その後、弱火にして5分加熱し、卵液に火を通していきましょう。

沸騰するまでは蓋をあけておき、沸騰したら蓋をして加熱します。
卵液がかたまって、竹串で刺した時に透明な液が出てきたら完成です。

作り方のコツ・注意点

蒸し器要らず!

どうしても残ってしまう「うどんだし」ですが、卵と混ぜるだけでおいしい茶碗むしができます。

蒸し器調理が必要かと思う茶碗むしですが、筆者はいつもフライパンにお湯を張って、蓋をして作っています。

おわりに

美味しいだしだと、茶碗むしも絶品。ふるふるとした食感を楽しんでみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。