\ フォローしてね /

結婚式費用の節約術☆3万円は下らないラウンドブーケを格安でハンドメイド

丸いタイプのブーケ(ラウンドブーケ)は、ここ数年人気です。通常のブーケより使用するお花が多くなるので、価格も高めです。

今回は生花に近い造花をセレクトして、作成時間15分、市価の半額以下でできちゃうラウンドブーケを作成します。

生花はステキだけれど、価格がお高いのも現実。マタニティ挙式なのでお花の香りが心配…という方や、生花の花粉や水分が大事なドレスに付いてしまうんじゃないかと心配な方には造花のブーケがオススメです。

本記事は、みんマタのご協力により、2013年に執筆されたものです。

用意するもの

  • 造花⇒お好きな造花を選んでください。アレンジ次第でいかようにでも!小ぶりの花なら約20個、大輪の花ならは12個くらい用意してください。
  • ペンチ(100円均一で購入)
  • 木工用ボンド(100円均一で購入)
  • ブーケホルダー(500円前後)⇒大型ショッピングモールの花コーナーやネットでも取扱いあり
  • ブーケホルダー用ハンドルカバー(300円前後)⇒大型ショッピングモールの花コーナーやネットでも取扱いあり

造花の選定がカギ!リアル感を重視してお花をチョイスしてね!

100円均一にもたくさんの造花が展示されていますが、リアル感にちょっと欠けます。ネットでレビューがいいもの、もしくは近所の手芸屋さんやショッピングセンターで気に入ったお花をチョイスしてください。

完成図をイメージして、いざブーケを作成!

STEP1:造花の茎を7センチくらいに切り揃える

あまり短くすると抜けやすくなるので、最低でも5センチはキープしてください。

STEP2:ブーケホルダーのトップから切りそろえた花をさす

ここで大事なのがボンド付け!必ず茎に木工ボンドをつけてからオアシスにさしてください。瞬間接着剤や通常のボンドはオアシスを溶かしてしまい、接着しません。

木工ボンドを使用してください。

STEP3:下地のオアシスが見えないように花をさす

隙間ができた所は小さな花で埋めてくださいね。

STEP4:ブーケホルダー用ハンドルカバーをかける

持ち手部分にブーケホルダー用ハンドルカバーをかけます。

STEP5:完成!

通常3万円ほどかかるブーケが3,000円かからずに作成できました!ブーケは手作りすると、かなり節約できます。ウェディング小物は賢く節約!価格も市価の半額以下で、作業時間も15分と超お手軽。

ボンドでお花をがっちり固定してあるので、ブーケトスに使用しても大丈夫です。是非、チャレンジしてみてくださいね!

持込料に注意!ブーケの持込みはどうなるの?

式場によっては、ブーケがプランに含まれずオプションだったり、プランに含まれている場合、自作のブーケを使うと持込料が別途かかることがあります。

持込料とは、自分で用意したアイテムを会場で使用したり、保管してもらう際に必要となる料金のことです。

みんなのマタニティウェディングには、その他の欄にブーケの記載がありますが、式場によってはプランに含まれるので記載しないケースもあります。持込料のことと合わせて、式場に確認してくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。