\ フォローしてね /

心理戦を楽しもう!トランプゲーム「セブンブリッジ」の遊び方

トランプはいかがですか。アナログな印象の強いゲーム遊びですが、意外と場を盛り上げてくれますよ。

そこで今回は、セブンブリッジの遊び方をご紹介します。

ゲームの概要

ゲームのあがり方

マークがそろっていない同じ数字を3枚、あるいは、同じマークの連続する数字3枚などの役を作ってメルドし、早く手札を無くした人が勝ちとなります。

メルドとは、役を作って場にカードを表向きに出すことです。

プレイできる人数

2~6人

著者の経験から、4人で遊ぶのがベストだと思います。2,3人では寂しいし、5,6人では中だるみしてしまうので、4人で遊ぶとゲームが最も盛り上がるでしょう。

使用するトランプの枚数

ジョーカーを除く52枚

ゲームの手順

STEP1:7枚ずつカードを配る

親は各プレイヤーに7枚ずつカードを配ります。残ったカードは裏向きにして中央に置きます。これを積み札と言います。

STEP2:積み札から1枚取ったカードと手札を見較べる

親が積み札から1枚カードを取って手札と見較べて、手札から要らないカードを1枚捨てます。

他のプレイヤーも同様に、1枚カードを取って手札と見較べて、手札から要らないカードを1枚捨てます。

STEP3:自分の順番のときに、そろった役をメルドする

自分の順番のときに、そろった役をメルドします。今回は、クイーンの三つ巴をメルドしました。

自分の順番のときに、役がそろっていればメルドできますが、そろった役をすぐにメルドしなくてもかまいません。

自分がメルドしている場合、他のプレイヤーに付け札することができます。
「メルド」の詳しいルールは後述します。

STEP4:他のプレイヤーが捨てた札を「ポン」または「チー」する

2巡目以降であれば、他のプレイヤーがカードを捨てた時、ポンやチーができます。

別のプレイヤーがクラブの2を捨てました。捨てられたクラブの2をポンして、2の三つ巴をメルドしました。

「ポン」「チー」の詳しいルールは後述します。

STEP5:一番最初に手札を無くした人が勝ちとなります

このようにゲームを進めて、一番最初に手札をなくした人が勝ちとなります。

上の写真は、文句なしの勝ちです。勝者以外のプレイヤーは、残った手札に応じてペナルティ点が与えられます。

勝敗の決まり方

一番の勝ち:一番最初に手札がなくなった人

一番最初に手札がなくなった人が勝ちです。しかし、ラストには必ずカードを1枚捨てなければなりません。

メルドやつけ札で終わるのは違反です。

勝者以外:ペナルティの付与

残った手札に応じてペナルティ点が与えられます。

エースや絵札はペナルティの点数が高いので、早めに使い切った方が安心です。

ルールの詳細

メルド:役を作って場に表向きに出す

同じ数字のカードが3枚以上、同じマークで数字が連続した3枚のカードをメルドできます。

7は1枚でもメルドできます。7と同じマークの6か8がある場合は、2枚以上でメルドできます。

付け札:他のプレイヤーがメルドしたカードに自分のカードを付加する

順番がきてカードを1枚もらった後、付け札をすることができます。

付け札は、メルドされているカードが同じ数字であれば、その数字のカードを付加することができます。

また、メルドされているカードが同じマークの連続する数字であれば、同じマークで数字の連続するカードを付加することができます。

他のプレイヤーがメルドしているカードだけでなく、自分がメルドしているカードにも付加することができます。

しかし付け札をする時は、必ず要らないカードを1枚捨てなくてはいけません。また、自分がメルドしていなければ付け札をすることはできません。
持ち札を1枚捨てれば、残り何枚でも付け札ができます。

ポン:「ポン」と宣言して捨てられたカードをもらう

他のプレイヤーが捨てたカードと、自分の手札を合わせると同じ数字のカードが3枚になる場合、「ポン」と宣言して捨てられたカードをもらうことができます。 ポンをしたプレイヤーはポンでできた役をメルドして、要らないカードを1枚捨てます。

ただし、1巡目ではポンはできません。

チー:「チー」と宣言して捨てられたカードをもらう

右隣の人が捨てたカードと、自分の手札を合わせると同じマークで数字の連続する3枚になる場合、「チー」と宣言して捨てられたカードをもらうことができます。チーをしたプレイヤーはチーでできた役をメルドして、要らないカードを1枚捨てます。

ただし、1巡目ではチーはできません。
自分がチーをしたとき、同時に他のプレイヤーがポンをした場合、ポンが優先されます。

ゲームの楽しみ方

勝敗もさることながら、目の前に役が次々とメルドされていく様子は小気味良く、達成感を味わえます。

また、不思議なことですが、ポンは有り得ないと思い込んで、カードを捨てると、次の瞬間ポンされてしまうことがあります。記憶力や注意力がゲームの決め手でもあるのですが、一種の心理戦でもあるのです。

おわりに

鮮やかなメルドがセブンブリッジの醍醐味ですが、絵札の役がメルドできると特に気分が良いです。

ぜひ参考にして下さい。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。