\ フォローしてね /

かぼちゃフレークで時短!ハロウィンに合う「かぼちゃプリン」の作り方

ハロウィンと言えば「かぼちゃ!」ですが、かぼちゃを裏ごしするのはかなり大変です。そこで、時短として「かぼちゃフレーク」を使ってみるのはいかがでしょうか。

ここでは、かぼちゃフレークを使って手軽にできる「かぼちゃプリン」の作り方を紹介します。

材料(2人分)

  • かぼちゃフレーク 25g
  • お湯 75ml
  • 卵黄 2個
  • 生クリーム 100ml
  • 牛乳 100ml
  • きび砂糖(もしくは砂糖) 大さじ2
  • 黒みつ 適量
かぼちゃフレークは、製菓材料、製パン材料で売っているものを使っています。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:かぼちゃフレークの下準備(その1)

かぼちゃフレークにお湯を入れ、かぼちゃの裏ごし状態のものを作ります。

STEP2:かぼちゃフレークの下準備(その2)

お湯を少しずつ入れていき、シリコンべらで練ってダマをなくしておきます。

お湯を入れるだけでフレークがかぼちゃの裏ごしになります!

STEP3:カスタードを作る

卵黄に砂糖を入れ、泡立て器で混ぜます。白っぽくなるまで混ぜましょう。

電動泡立て器があれば、それを使うと早くできます。

STEP4:プリン液を作る

牛乳、生クリームを耐熱容器に入れ、600Wで1分程度電子レンジで加熱し、ボウルに入れ、そこにSTEP3のカスタードを入れてシリコンべらで混ぜます。

ここでは、泡立て器ではなくてシリコンべらで混ぜます。

STEP5:かぼちゃと合わせる

STEP3のボウルに、かぼちゃの裏ごしを入れ、混ぜ合わせます。

STEP6:2度ほど濾す

ダマができないように、味噌ときなどを使って、2度ほど濾します。

STEP7:溶け残りがないか確認

濾すことで、溶け残りがなくなります。かぼちゃの裏ごしがプリンの素にちゃんと混ざるようにします。

STEP8:容器に移す

できたものをマグカップやプリン型など容器に入れましょう。

STEP9:加熱

中華フライパンなどに沸騰したお湯300mlを張ったところに、容器を入れ、25分。弱火~中火で加熱。蓋をして、表面が固まるまで加熱します。

プリンの表面が固まったら完成です!上から「黒みつ」をかけて食べます。

火加減は、蒸気が出ている状態が目安です。時間は、火力やプリンの状態を見て決めましょう。

作り方のコツ・注意点

ダマが残らないようにしよう!

かぼちゃフレークを使うと、かぼちゃの下ごしらえが不要なので手軽に作ることができます。その分、プリン液と混ぜる時はちゃんと濾してダマが残らないようにすることがポイント。

茶こし、味噌ときなどを使ってしっかり混ぜておきます。

おわりに

盛りつけをハロウィンっぽくすると、それだけで一気に気分が上がります。手軽なかぼちゃプリンでハロウィンを祝ってみませんか?

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。