\ フォローしてね /

できるだけ早く漂白しよう!色移りしてしまった服の対処方法

洗濯後に、色移りしてしまってがっかりすることってありますよね。白物は特に色移りすると目立って、そのままだと着られなくなってしまいます。

ここでは、色物と一緒に洗濯して色移りしてしまった子ども服を使って、色移りの対処方法を紹介します。

色移りの原因

色物の洗濯物と白色の洗濯物を一緒に洗濯した際に、色物の染料が染み出し、白い衣服に着色してしまうことが原因です。

色落ちの心配がある衣服は、洗濯表示を確認するとその旨が書かれています。

用意するもの

  • 洗面器
  • 歯ブラシ
  • ビニール手袋
  • 衣類用漂白剤:ここでは、部分用の泡で出るタイプのものを使用しています(ワイドハイターEXパワーガンコなシミ用)。

対処の方法

STEP1:漂白剤をつける

ぬるま湯をつけた汚れ部分に漂白剤を直接1~2プッシュします。

STEP2:もみ洗いする

色移りしている部分を手で揉むように洗います。色が薄くなってくるのがわかるまで続けて下さい。

通常のシミの場合は、スプレーしてそのまま洗濯して大丈夫ですが、色移りのシミは頑固なため、STEP2以降の工程を加えています。

強くこすったり、力を入れすぎると生地を痛めるので注意してください。

STEP3:歯ブラシでこする

色シミが目立つ箇所は、歯ブラシを使ってさらに洗います。ここでも、強くこすりすぎないように気をつけてください。

STEP4:すすぐ

流水で洗いながします。ここまでの工程で色移りは目立たなくなっています。

STEP5:漂白剤を再度つける

再度、色移りした部分に漂白剤を1~2プッシュかけます。

STEP6:洗濯して完了

普段通り洗濯機で洗濯をしたら完成です。

ここで使用している部分用漂白剤は、泡をつけたまま洗濯するというタイプのものです。洗濯用洗剤は通常通り使用できます。

泡をつけたまま洗濯するというタイプや浸け置きタイプなど漂白剤のパッケージに書かれた使用方法を確認してください。

洗濯物の色移りを防ぐコツ

色物と白い衣服は分けて洗濯するか、色落ちが心配な衣服をネットに入れて洗濯するようにすると防止できます。

その他、色移りへの対処法のコツ

色移りしてしまった際には、気づいた時にできるだけ早く対処するようにすると漂白しやすいと思います。

注意点

ここで使用した漂白剤はつけおきするタイプではなく、シミに塗布したまま通常の洗濯を行うものです。

洗濯用洗剤であれば併用できますが、効果が落ちたり有害なガスが発生する危険性もあるため、その他の洗剤と混ぜるのは避けましよう。

漂白剤を使用するため、作業中は臭いで気分が悪くならないよう、換気をして手袋を着用してください。

おわりに

色移りしてしまった衣服もあきらめずにケアをしてみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。