\ フォローしてね /

おすしの日にぴったり!ふわとろ卵の押し寿司の作り方

レシピの紹介

みんなが嬉しい気分になれるお寿司は、手軽にささっと作れたらいいですよね。

ここでは身近な材料で出来る、ふわとろ卵が決め手の押し寿司の作り方を紹介します。

用意するもの

  • タッパー容器(今回は横10cm × 縦11cm × 高さ5cmのものを使用)
  • ラップ

材料(2人分)

  • 温かいご飯(冷やご飯を温めたものでも可)・・・300グラム
  • 鮭フレーク・・・20グラム
  • プチトマト・・・4個
  • 冷凍枝豆・・・適量

寿司酢の材料

  • 砂糖・・・大さじ1.5
  • 酢・・・大さじ1.5
  • 塩・・・小さじ1/2

炒り卵の材料

  • 卵・・・3個
  • 砂糖・・・小さじ2
  • 塩・・・ひとつまみ

作り方(調理時間:20分)

STEP1:寿司酢を作る

寿司酢の材料(砂糖・塩・酢)を混ぜ合わせておきます。

STEP2:寿司飯を作る

温かいご飯にSTEP1の寿司酢をかけ、しゃもじで切るように混ぜ合わせます。

STEP3:炒り卵をを作る

ボウルに炒り卵の材料(卵・砂糖・塩)を入れ、箸で混ぜ合わせます。

白身と黄身がほぼ混ざれば大丈夫です。

熱したフライパンに小さじ2の油を敷き、中火にし卵液を流し入れます。箸4本で素早くかき混ぜ、30秒で火を消します。

余熱で20秒くらいかき混ぜれば、ふわとろ炒り卵の出来上がりです。

STEP4:タッパー容器にラップを敷く

タッパー容器に大きめにカットしたラップを敷きます。

STEP5:炒り卵を敷く

炒り卵をタッパー容器の底に敷き詰めます。

表面をスプーンの背などでフラットに整えます。

STEP6:寿司飯の半量を敷く

炒り卵の上に寿司飯の半量を敷きます。

ご飯の厚みはなるべく均一になるようにしましょう。

STEP7:鮭フレークを敷く

寿司飯の上に鮭フレークを敷きます。

STEP8:寿司飯(残りの半量)を敷く

残りの半量の寿司飯を敷きます。

STEP9:上から押さえる

もう一枚ラップをカットし、一番上にのせ、手で押さえていきます。

STEP10:寿司を容器から取り出す

寿司を容器から取り出し、卵の面を上にしてまな板の上に置きます。

ラップを持って取り出せば簡単に出来ます。くっつき防止の為、ご飯側のラップはそのまま剥がさず使用しましょう。

STEP11:寿司を切る

水に濡らした包丁で寿司を4等分します。

横方向に切った後、縦方向に切る前に包丁を洗ってから切ると綺麗に切れますよ。

STEP12:盛り付け

器に盛り、半分にカットしたプチトマトや枝豆を彩りよくトッピングすれば、完成です。

作り方のコツ・注意点

卵を加熱しすぎないように注意しましょう。早すぎるかなと思うくらいで火を止めましょう。

卵のふわとろ感をより味わえるように、卵層を厚めにしています。面積が広いタッパー容器だと卵層が薄くなるので、おすすめしません。

おわりに

シンプルな材料で作ったとは思えない美味しさです。簡単ですので是非、作ってみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。